IDC、2020~25年の国内産業用ネットワーク機器市場の年間平均成長率は7.0%と安定した成長と予測

企業:

IDC Japan株式会社は、国内産業用ネットワーク機器市場予測を発表した。

工場、プラント、輸送機械といった一般的なオフィスとは異なる環境で用いられ、耐環境性能の高い産業用ネットワーク機器は、近年IoTの進展やDXの推進と共に導入が進展してきた。しかしながら、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響から国内産業用ネットワーク機器市場も免れることはできず、2018年、2019年と二桁成長を続けた同市場も、2020年は2.2%とわずかな成長に留まった。

COVID-19の感染拡大に伴う経済活動の停滞は、工場やプラントのネットワーク化の検討や導入にも影響し、産業用ネットワーク機器の配備に遅れが生じた。また、鉄道に代表されるCOVID-19の感染拡大に伴って業績が著しく悪化した産業分野や企業においては、産業用ネットワーク機器を含む設備投資を抑制する動きも見られ、2020年の国内産業用ネットワーク機器市場の停滞の大きな要因になった。

COVID-19によって勢いを大きく削がれた産業用ネットワーク機器市場だが、根源的な成長エンジンである産業機器のネットワーク化に対する必然性は揺らいでいないとIDCでは考えている。2021年後半からは産業用ネットワーク構築プロジェクトの回復が見込まれ、2021年の前年比成長率は7.8%と予測している。その後も同程度の成長率で成長を続け、2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は7.0%と安定した成長を見込んでいる。

産業機器のネットワーク化が進む中で、産業用ネットワークの重要性と複雑性は増しており、ネットワーク管理の必要性が高まっている。

IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野賢一氏は「産業用ネットワーク機器ベンダーは、産業用ネットワーク管理ソリューションの強化を、ネットワーク自動化/高度化とネットワーク管理促進の両面からアプローチすべきである。前者には、自律的回復力を備えたネットワーク自動化ソリューションを提供し、後者には無償化したネットワーク可視化ソリューションが有効である」と述べている。

Previous

アドバンテック、WISE-2410LoRaWANワイヤレス振動センサのオンプレミスパッケージを販売開始

Spectee・日本気象協会・NCT、AIで道路の路面状態をリアルタイムに判別する実証実験を新潟県にて開始

Next