FRONTEOとAGC、技能伝承・組織知形成に役立つAIナレッジシェアシステム「匠KIBIT」を販売開始

株式会社FRONTEOとAGC株式会社は、FRONTEOが保有する言語解析AIエンジン「KIBIT」を活用した技能伝承システムの開発を2017年からすすめており、2020年7月には、製造業における技能伝承や企業内での組織知形成に役立つAIナレッジシェアシステム「匠KIBIT」を発表している。

そして今般、FRONTEOは匠KIBITの販売を開始した。

匠KIBITは、製造業における熟練技術者の知見を組織知として蓄積するシステムで、作業や業務を遂行する上で助けを必要としている技術者が質問を入力すると、既に蓄積されている熟練技術者の知識の中から、質問者に必要な知見を参照することができる。

熟練技術者の高齢化や、若手人材の採用難による継承者不足、海外も含めた拠点の分散化など、企業の競争力ともいえる技能をいかに守り、伝承していくかが製造業において喫緊の課題となる中、匠KIBITは熟練技術者が試行錯誤の末生みだしたノウハウや、生産計画や工程における工夫など、経験によって培ってきた暗黙知を組織知とするのみならず、組織内でのナレッジシェアという文化形成にも役立つとしている。

現在匠KIBITが対応している問い合わせ数は多い日で約40件と、人が1日に回答できる問い合わせ数を超えており、また有識者・熟練技術者の貴重な労力をAIで代替している。

【関連記事】
AGCとFRONTEO、熟練技術者の知見を引き出すことができるAI Q&Aシステム「匠KIBIT」を開発