IoT NEWS

シーメンス、生産現場をスマート化するデジタルソリューション「Industrial Edge」を販売開始

シーメンス株式会社は、シーメンスのIndustrial Edgeの販売を日本において開始した。

シーメンスのIndustrial Edgeは、エッジコンピューティングのインテリジェンスと分析データを生産レベルでセキュアに取り入れ、オートメーション機器にマシンレベルのデータ処理機能を付与するデジタルソリューションである。様々なインテリジェント分析アプリケーションの実行を可能にする。オートメーションの一部に統合されたハードウェアとソフトウェアのプラットフォーム内で、Edge Appsと併せてクラウドとも連携する。

同ソリューションには、Industrial Edge Management System、Industrial Edge Devices、Industrial Edge Appsが含まれている。Industrial Edge Management Systemは接続する全てのEdge Devicesの集中管理、状態監視に用いられる。

Edge Appsは、最新バージョンの状態でIndustrial Edge Devicesに効率的かつセキュアに配布される。アプリケーションは、マシンの作動状態に関係なく、Edge Devicesに悪影響を与えることなくインストールできる。同ソリューション用のアプリケーションは、シーメンス及び第三者プロバイダーから提供を受けることができる。エンドユーザーと機械メーカーは、製造現場やマシンそれぞれの要件に応じた独自のアプリケーションを開発できる。

また、Industrial Edge Management Systemでは、ITアドミニストレーターと生産エンジニアが分散したEdge Devicesとその状況を集中監視、診断、管理できる。新しいソフトウェアやアプリケーションは、会社全体で、またすべての接続されたIndustrial Edge Devices上で運用できる。ソフトウェアの集中管理、分散したソフトウェアの保守更新に費やす労力を軽減できるほか、完全になくすこともできる。

機能やセキュリティに関する更新は、Industrial Edge Management System経由でシーメンスが提供する。Industrial Edge Management Systemを連結したEdge Devicesで運用開始するスケジュールを、産業用IoTソリューションのセキュリティ要件に合わせることができる。

この即時利用可能な管理プラットフォームにより、ITアドミニストレーターは自動化されたEdge Appsを生産現場で使用開始し、ライフサイクル全体を通して管理できる。Industrial Edge Management Systemは、例えば製造業において社内インフラ上で運用でき、将来的にはクラウドインフラで管理システムを運用することもできる。

同ソリューションの実行環境はコンテナ型仮想化技術(Docker)を採用しており、現在および将来の課題に対応可能なオープンプラットフォームを構築する。シーメンスは現場の制御機器、PCやアプリを提供し、上位のIT/クラウドシステムとの接続機能、状態監視や予防保全のためのデータ処理、可視化、分析を実現するという。ユーザーは、シーメンスが提供するアプリに加えて、各製造業やマシンメーカー特有の要件に適応した独自のEdge Appsを将来にわたり開発、導入できる。

同ソリューションは、マシンデータの収集、分析を簡略化し、コンテナ型仮想化技術(Docker)や高度な言語に基づくデータの分析、処理、ソフトウェアやデバイスの集中管理などのITスタンダードをオートメーションシステムに統合する。

また、同ソリューションは世界中で調達が可能で、Industrial Edge Management Systemはグローバルに標準化されたエッジの管理が可能だ。同ソリューションにより、すでにある様々なIT技術を現場に導入でき、グローバルのITリソース活用に基づいた将来性のあるエッジコンピューティングのグローバルインフラを構築できるとのことだ。