IoT NEWS

NTT西日本・NECなど、ローカル5Gを活用した建設現場のDXに関する共同トライアルを実施

建設業界においては大阪・関西万博やリニア中央新幹線開通プロジェクト、IRなど様々な大規模イベントに関連する新規建設が増加すると見込まれている。しかし、建設業の就業者は高齢化している一方で、若手入職者も不足しており、労働人口の減少が課題となっている。

この課題解決の手段のひとつとして、ICTを活用した作業効率化が効果的だと考えられている。建設現場には様々な作業があり、危険作業について事前にリスクを洗い出し対処することが重要だ。このような危険作業においても、ICTを用いて安全管理を支援することが効果的だと考えられている。

西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)、株式会社NTTファシリティーズ、日本電気株式会社(以下、NEC)、株式会社竹中工務店の4社は、2021年2月25日に建設現場の安全管理強化に向けたデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)に関する連携協定を締結し、NTT西日本新本社ビルの建設予定地をフィールドとした作業所DX共同トライアルを実施する。

同トライアルでは、建設現場の作業効率化および安全性向上を目的とし、2項目の検証を行う予定だという。

1つ目は、AIカメラを用いた危険エリアの侵入検知の検証だ。同検証は、ローカル5GとWi-Fiを活用して、工事現場の危険エリアの目印をAIカメラシステムに記憶させ検知エリアを設定し、作業者が検知ラインを越えた際にその場と監督者へアラート発報をするものである。

2つ目は、ローカル5Gを用いたエレベータシャフト内作業の可視化と危険予知の検証である。エレベータ組立工事は狭いシャフト内での高所作業であり、かつ作業も複雑で多くの危険を伴うため、ローカル5Gを活用して、エレベータシャフト内の作業内容を可視化し、危険作業を抽出するという。