IoT NEWS

バカン、投票所の混雑情報をリアルタイムに可視化するサービスを提供開始

日本には1,724の市区町村があり、衆・参議院選挙や地方選挙など多くの選挙が毎年行われている。しかしコロナ禍においては、感染拡大防止のために人と人との間に距離を確保する社会的距離(ソーシャルディスタンス)などが求められる。これは投票所でも例外ではなく、これまでとは異なった人が集中することを避けた分散投票が重要になる。

総務省も昨年から各自治体に、選挙の管理執行における新型コロナウイルス感染症への対応について通知を出しており、2021年1月22日には各自治体に「投票所などの混雑情報の積極的な提供を求める」通達が新たに出された。

株式会社バカンは、群馬県館林市に期日前投票所の混雑可視化サービスの提供を開始する。

同サービスは、館林市が期日前投票所を開設する際、バカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を通じて、期日前投票所のリアルタイムな混雑情報配信を行う。アプリなどのダウンロードなしに誰でもインターネット上から確認できるのが特徴だ。

VACANには、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を一覧できる「VACAN Maps」という機能があり、期日前投票する人はこのVACAN MapsにPCやスマートフォン等でアクセスすることで、期日前投票所の位置や混み具合を確認することができる。​混み具合の情報は、期日前投票所の職員がインターネット上の管理画面から操作することで更新される。混み具合は「空いています」「やや混雑」「混雑」「満」の4段階で表示される。

混雑を可視化し住民が自主的に密を避けやすくすることで投票しやすい環境の整備をサポートし、投票率の向上を目指す。