テクノスジャパン、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社が本格始動

テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社は、4月1日、社名をテクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(以下「TDSE」)へ変更したと発表した。

デジタル技術の進展により、これまで扱えなかった様々なモノやコトの状況・状態・特質などがデジタルデータに変換・蓄積され、ビッグデータと呼ばれるそれらを高度に分析できる環境が猛烈なスピードで広がっている。このことで、人工知能・機械学習・IoTなどを活用した完全自動化・無人化が可能となり、新しいビジネスモデル・商品・サービスが生まれ、これらはあらゆる業種でのデジタルイノベーションとデジタルビジネスの実現へとつながっている。

TDSEでは、このような状況を踏まえ、ビッグデータを解析・コンサルティングしてビジネスをデザインし、それに必要なビジネスプロセス、AIシステム、ITシステムを構築する、“一気通貫”のビジネスエンジニアリング事業を今回強化するとともに、顧客企業とともに新サービスを開発・運営する事業参加型ビジネスを推進する。

従来型の顧客企業のニーズに沿って解析する労働集約型ビジネスに加えて、知識(知的)集約型ビジネスの推進を図る。具体的には、エレクトロニクス企業・センサー企業等とIoTを通じた量産型AI製品やアプリケーションの研究開発を進め、インテリジェントサービスの事業モデルを構築し、売上拡大を狙っていくという。

テクノスジャパン、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社が本格始動

 

【関連リンク】
テクノスジャパン(TECNOS JAPAN)
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)

Previous

UBIC、人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」が2016年度新入社員として正式に入社

コマニー、玄関ドアに後付けOKの安心と安全性に特化したセリュール製オートロック錠「DECIMEL(デジメル)」発売

Next