IoT NEWS

ウィングロボティクス、次世代協働ロボットのサブスクリプションサービスを開始

現在、DX化が強力に推し進められている日本だが、どの製造現場でも大きなテーマになっているのが、ロボットの導入による省力化、効率化である。しかし、莫大な費用が導入においてのネックとなっており、特に中小企業にとって⾼額なロボットの購⼊は現実的ではなく、導⼊が実現してもプログラミングのために多⼤な労⼒が必要になり、その後もトラブル対応のために専属の管理者を置かなければならなくなるなど、何重にも負担がかかっていた。

ウィングロボティクス株式会社は、2021年夏よりロボットを製造現場に簡単に導⼊できる「ロボットサブスクリプションサービス」を開始する。

同サービスは、協働ロボットを1台から月額性で大きな初期費用なしで導入することができる。導⼊時に必要なパーツの設定やプログラミングはウィングロボティクスの技術者が⾏う。また、導⼊後のトラブルについてもウィングロボティクスが対応するため、専属の管理者を置く必要がない。
ウィングロボティクス、次世代協働ロボットのサブスクリプションサービスを開始
ウィングロボティクスが提供するロボットの第⼀弾である次世代アーム型協働ロボットには、周りを⾒る「⽬」と、ロボットの動作を⾃動的に⽣成できる「AI」が備えられている。

大阪大学基礎工学研究科、原田研介教授と万偉偉准教授の「マニピュレーション技術」により、「ワークを設置する」「加⼯後、それをつかみ取る」「つかんだワークを所定のケースに置く」といった⼀連の作業を、⼈間の補助なしで⾃動的に計画することができる。「せまい場所」「⼊り組んだ場所」などにおいても、周囲の状況を学習しながらぶつかることなく作業をすることができるとのこと。

また、複雑な動作を数多く覚えることができるため、パーツやプログラムを差し替えることでひとつのロボットを⼯場内で⾃由に移動させながら、違った作業を⾏わせることもできる。これにより、多品種少量⽣産の効率化に貢献する。