スマートメーター市場 2019年に182億ドル規模に達すると予測

米MarketsandMarketsは、スマートメーターの世界市場規模は2014年から2019年にかけて年平均成長率10.2%で成長を続け、2019年の段階で182億ドル規模に達すると予測した。

政策的支援、スマートグリッドの進展、効率向上を企図するインフラ業界側からの促進活動などは同市場の促進要因といえる。

地域的には現在北米が最大市場となっており、これは政策的な財政支援、またテキサスやカリフォルニア等いくつかの州における設置義務化などが追い風となっている。アジア太平洋市場はこれに次ぐ規模で、中国政府のスマートグリッド推進政策が広範な設置の促進要因となっている。

・関連リンク
リサーチステーション

Previous

IDC 国内通信事業者のネットワーク設備投資市場は縮小傾向

日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」、丸紅情報システムズが3Dプリンター、3Dスキャナーで開発を支援

Next