京セラコミュニケーションシステムがSigfoxの位置情報サービス「Atlas WiFi」を拡張、より詳細な位置情報の取得を可能に

京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下、KCCS)は、IoTネットワーク「Sigfox」の位置情報サービス「Atlas WiFi」に「Atlas WiFi Private DB サービス」を追加し、提供を開始した。

Sigfoxの位置測位サービスには、Sigfox基地局をベースにした「Atlas Native」とWi-Fiを用いたAtlas WiFiがある。Atlas WiFiは、Sigfox通信が可能な場所であればWi-Fiアクセスポイントを活用することで屋内・屋外問わず低消費電力で位置情報を取得できるサービスである。Wi-Fiスキャン機能を持ったSigfoxデバイスがWi-FiアクセスポイントのMACアドレスをAtlas WiFiデータベースへ送信し、数十メートル精度の位置情報(緯度、経度、想定精度範囲)を取得する。

今回提供を開始したPrivate DBサービスは、Atlas WiFiの拡張サービスである。ユーザーが希望するWi-Fiアクセスポイントの緯度経度と付加情報(建物名やフロア情報など)をPrivate DBに登録でき、それらの情報を利用できるようになる。

これにより、位置情報の精度向上や、より詳細な位置情報の取得が可能になり、同一敷地内の複数建物間や同一建物内のフロア間、同一フロア内でのアセットのトラッキングや位置測位などに活用できる。物流分野をはじめ位置情報を活用するさまざまな分野で、Sigfoxネットワークを利用しやすくなる。