IoT NEWS

デンソーテンの安全運転管理テレマティクスサービスに新機能搭載、AIが「ながら運転」等を自動検知

社有車や営業車を管理している企業にとって、人の安全を守るために事故の未然防止を図ることが必要である。しかし、万が一交通事故を起こしてしまった場合、経済的な損失だけでなく、社会的な信用失墜による事業機会損失にもつながるため、様々な企業で広く安全管理の意識が高まっている。

株式会社デンソーテンの法人向け通信型ドライブレコーダー「G500Lite」のサービス利用者の映像データを分析によると、前方不注意や漫然運転など「ながら運転」や安全確認が不十分といった事故要因が非常に多いことが判明した。

このほど、デンソーテンは、G500Liteを用いて安全運転を支援する「安全運転管理テレマティクスサービス」の新機能として、ドライバーの脇見・スマートフォン操作による片手運転などの「ながら運転」「居眠り運転」をAIが自動で検知する機能や、道路交通法遵守を可視化する機能などの提供を開始した。なお、同サービスは既に導入済みのユーザーも買い換えなしに利用できる。

同サービスは、社有車や営業車を管理している企業において、安全運転の「計画」「記録」「解析」から「教育・学習」までトータルでサポートする。データ収集・分析などを自動化することで、運用の手間やコストをかけずに効率的な安全運転指導が可能となり、簡単・リーズナブルに安全運転管理が行える。

今回新たに登載する機能の内容は以下の通り。

  • 顔の向きや目線などをAIが画像解析
  • クラウドサーバに送信された映像に対して、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルのAI画像認識ソフトウエアサービス「ZIA Cloud SAFE」を利用し、AIで顔の向きや目線などを画像解析する。それらの結果をもとに「ながら運転」や「居眠り運転」などを検知する。コロナ禍でマスク着用が推奨されている中、マスクを付けたままでも検知が可能だ。デンソーテンの安全運転管理テレマティクスサービスに新機能搭載、AIが「ながら運転」等を自動検知

  • 膨大な実際の事故データに基づき、AIがヒヤリハット映像を判別
  • AI解析精度を上げるためには、実際の事故に基づいた膨大な分析データが必要である。デンソーテンがこれまで蓄積した実際の事故データを対象物・シーン・要因などに分類/タグ付けし、分析を進めてきた。その分析データを元にAIを構築することで、事故につながる恐れのあるヒヤリハット映像の判別精度を高めているとのこと。

    さらに、車室内カメラに映るドライバーの動作(挙動)についても同様にAIを活用することで、居眠り・脇見・片手運転などの分析をより高い精度で実現するという。

    デンソーテンの安全運転管理テレマティクスサービスに新機能搭載、AIが「ながら運転」等を自動検知
    表示画面イメージ
    デンソーテンの安全運転管理テレマティクスサービスに新機能搭載、AIが「ながら運転」等を自動検知
    道路交通法遵守を可視化するサービス提供イメージ
  • 速度超過、通行禁止箇所侵入、踏切不停止、一時不停止が発生した可能性のあった場面を自動で検出
  • ドライブレコーダーで記録された走行データ(GPSによる位置情報など)をもとに、株式会社ナビタイムジャパンが提供する「NAVITIME運転分析API」と連携し、同社クラウドセンターで速度超過、通行禁止箇所侵入、踏切不停止、一時不停止が発生した可能性のあった場面を自動で検出する。

    GPSデータには誤差があるが、デンソーテンのクラウドセンターでは、車両の位置情報をもとに地図データと紐づけて実道路上の走行軌跡に補正するマップマッチング技術を用いることで、より高い検知精度を実現する。

  • 違反点数や違反金額を見える化
  • 違反の疑いがあった発生日時、内容、件数のほか仮想的な違反点数や反則金をデンソーテンが開発している安全運転管理システムにて一覧表示する。

  • ランキング表示、検出時の映像取得
  • 検出数などをもとにドライバーのランキングを表示するため、検出が頻発しているドライバーを容易に特定できる。また検出時の映像取得が可能であり、映像をエビデンスに安全運転教育ができる。

    デンソーテンの安全運転管理テレマティクスサービスに新機能搭載、AIが「ながら運転」等を自動検知
    表示画面イメージ

今回、新たな機能を追加することで、管理者は映像を用いてより具体的で効率的な安全運転指導を事後的に行うことが可能になり、事故予防だけでなく、ドライバーに対する法令遵守への習慣づけにつながるとしている。

なお、月額サービス利用料は2,200円/台・月となっている。