ソニーのMESHプロジェクト、オライリー・ジャパンとMaker Faire Tokyo 2016公式コンテスト「Maker Challenge」を開催

ソニー株式会社の新規事業創出プログラムから生まれたMESHプロジェクトは、オライリー・ジャパンと共同でアイデアコンテスト「Maker Challenge powered by MESH」を開催する。

作品の募集期間は2016年4月25日から2016年5月31日。同コンテストの入賞作品は2016年8月6日、7日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2016」にて展示される。

また同コンテスト開催を記念し、2016年4月26日にはトークイベントも開催される。
MESHはセンサーなどの機能をブロック形状にした電子タグで、“MESHアプリ”上でつなげるだけで、かんたんに色々な仕掛けを生み出せるツール。箱を開けると予め録音しておいたメッセージが再生されたり、人が近づくと音を鳴らして驚かしたりなど、子どもでも大人でもかんたんに「あったらいいな」を実現でき、モノづくりの楽しさを体験できる。

オライリー・ジャパンは、雑誌「Make」日本語版の読者を中心に、2008 年からエレクトロニクス(電子工作)、DIY、サイエンス、ロボット、アートなど異なるジャンルの「Maker」(作り⼿)たちの発表の場、交流の場として、「Maker Faire Tokyo」を開催しており、2015 年 8 月 1 日、2日に開催された「Maker Faire Tokyo 2015」は14,500名の来場者を迎えた。

 

今回、MESHプロジェクトはオライリー・ジャパンの「新しいテクノロジーを自由な発想で使いこなすMakerの裾野を広げる」という想いに賛同し、「Maker Challenge powered by MESH」の開催を決定。

また、同コンテストを記念し、オライリー・ジャパン Make:編集部 編集長 田村英男氏と、MESHプロジェクト リーダー 萩原丈博のトークイベントを開催す。過去に制作されたMESHを使った作品も展示予定。

 

コンテスト実施概要

名称:     Maker Challenge powered by MESH
募集期間:   2016年4月25日~5月31日
募集部門: 「ファミリー部門」小学生以下の子どもと保護者の方が応募可能
「学生部門」高校生以下の学生が応募可能
「未来のお化け屋敷部門」どなたでも応募可能
賞:         Maker Faire Tokyo 2016のMaker Challengeブース出展権
主催:      株式会社オライリー・ジャパン
協力:      ソニー株式会社 新規事業創出部 MESHプロジェクト

 

トークイベント実施概要

名称:     Maker Challenge 2016トーク企画~ Makerの裾野を広げる 「Maker Faire Tokyo 公式コンテスト Maker Challenge」とは? ~
日時:     2016年4月26日(火) 17:30-19:00 (17:00開場)
場所:     Creative Lounge (東京都港区港南1-7-1 ソニー株式会社 本社1F)
主催:     ソニー株式会社 新規事業創出部 MESHプロジェクト
参加受付はこちら

 

MESHを使った作品

手に取ると自動で商品の説明をしてくれる展示台(作者Pemak)

展示台の中にMESHの明るさタグが入っており、商品が手に取られたことを判別し音声を再生

ソニーのMESHプロジェクト、オライリー・ジャパンとMaker Faire Tokyo 2016公式コンテスト「Maker Challenge」を開催

植物に語りかけることで反応する自動水やり機(作者:Takeo Inagaki)

マイクが音を検知するとMESHのGPIOタグが電流を流すことで、盆栽に水が注入される

ソニーのMESHプロジェクト、オライリー・ジャパンとMaker Faire Tokyo 2016公式コンテスト「Maker Challenge」を開催

子どもが帰ってきたことを、保護者にメールで知らせる鍵入れ箱(作者:Makoto Aoki)

鍵入れ箱のフタが開いたことをMESHの動きタグが感知し、メールを自動送信する

ソニーのMESHプロジェクト、オライリー・ジャパンとMaker Faire Tokyo 2016公式コンテスト「Maker Challenge」を開催

 

【関連リンク】
ソニー(Sony)
オライリー(O’Reilly)
Maker Challenge powered by MESH
MESH

Previous

みんなのコード、子ども向けプログラミング教育推進運動「Hour of Code」計1万人の子どもが参加するプログラミング体験イベントを全国同時開催

パイオニア、走行データを分析し、急ブレーキを踏んだ地点をデータ化し販売

Next