IoT NEWS

ソニーネットワークコミュニケーションズ、スマートオフィスソリューション「Nimway」の販売受付を開始

新型コロナウィルス感染拡大により、テレワークが広がるなか、オフィスの在り方を見直し、再定義する企業が増えている。オフィス面積の削減やフリーアドレスの導入など、社員の安全を確保しつつ、急速に変化する外部環境や社員のニーズに柔軟に対応していくことが大きな課題となっている。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、With/Afterコロナ時代の新しい働き方をサポートするスマートオフィスソリューション「Nimway」の販売受付を開始した。詳しい特長は以下の通り。

  • フリーアドレスの促進
  • オフィス面積の縮小や拠点集約、ソーシャルディスタンスの確保等により、以前より減少した座席数で運用するためのフリーアドレス化が進んでいる。同ソリューションでは、リアルタイムでの空席情報の確認やデスクの予約などフリーアドレス導入に伴う座席利用の管理が可能だ。デスクやフロアが決まっていない場合でも同僚の社内位置を検索できるなど、コミュニケーションの課題解決に貢献する。

  • サテライトオフィスの利便性向上
  • 居住地近隣で自宅よりも集中できる業務環境の整備を求める声が強くなり、サテライトオフィスの導入が拡大している。同ソリューションは、マップを切り替えるだけで複数のサテライトオフィスの情報を閲覧でき、自宅などから空き情報を確認して会議室やデスクの事前予約が可能になる。利用者の分散を促し、混雑防止や利用しやすいサテライトオフィスの運用を支援する。

  • ワークスペースの利用効率化
  • オフィスの役割として、テレワークにはない偶発的なコミュニケーションが生まれるスペースやWEB会議用ブースなど、新しいタイプのニーズが増えている。同ソリューションでは、人感センサーにより予約制の会議室やウォークインのスペースのリアルタイムの空き状況を可視化する。また、収容人数など利用したい条件に合わせたスペースの提示もでき、即時予約が可能だ。

    また、今いる場所や利用時間、好みに応じて、最適な場所をスマートアシスタントが提案するほか、位置情報から算出して、アプリから会議室への出発時間を通知することもできる。

  • オフィス内(食堂など)の混雑状況可視化
  • 同ソリューションでは、リアルタイムの混雑状況をスマートフォンアプリ・WEB・スクリーン上に表示し、混雑状況を可視化する。利用禁止の席をフロアマップ上に明確に周知できる。また、各席の利用率や混雑しやすい時間帯、前日に利用された席などがダッシュボードで確認可能だ。また、オフィス設備の故障や誤作動などの問題を発見した際に、写真や発生場所の地図情報とともに、アプリ上から担当者に連絡することができる。

  • データ分析
  • 同ソリューションでは、データ収集・分析・可視化まで自動で対応する。例えば、ミーティングスペースや座席利用データの分析や会議室の利用人数把握、リアルタイムの稼働状況やピークタイムを可視化できるため、導入効果の可視化や改善検討に活用できる。ワークスペースごとの稼働率を比較し、具体的なアクションにつなげる。

ソニーネットワークコミュニケーションズ、スマートオフィスソリューション「Nimway」の販売受付を開始