デンソー、路の橋などインフラ点検に活用する産業用UAV(ドローン)を開発

株式会社デンソーは、ヒロボー株式会社の協力を得て、道路の橋などの社会インフラ(以下インフラ)の点検に使用する産業用UAV【注1】(ドローン)を開発した。

これまで道路や橋などのインフラ点検は、自治体など設置主の自主点検に委ねられていたが、今後、道路や橋などの老朽化が進むと予測される中、2018年から国が主導し計画的な点検を行うことが予定されている。そのため、インフラの点検の効率化に向けたロボットの活用が求められている。

今回開発されたUAVは、インフラ点検で求められる3つの性能を兼ね備えているのが特徴だ。
1.強風や雨中でも飛行できる対候性
2.構造物に近接して定位の姿勢に制御できる安定性
3.三つ目は安全制御システムで運用できる安全性
これらの性能は、デンソーがこれまで培ってきたセンサーおよび制御のエレクトロニクス技術と、無人ヘリコプターの開発・製造で長年の実績があるヒロボーの機体開発力を結集して実現された。

今後は、実証実験を重ねてUAVの機体の完成度を高めていくとともに、インフラ点検などの サービス開発を関連事業者と共同で進めていき、国が計画・推進するロボットを活用したインフラ 点検の本格運用に合わせて、適用可能なシステムにしていく計画だという。

 

【注1】UAV:無人航空機 Unmanned Aerial Vehicleの略

 

【関連リンク】
デンソー(DENSO)
ヒロボー(HIROBO)

Previous

日立、接客や案内サービスを行うヒューマノイド「EMIEW3」とロボットIT基盤を開発

人工知能研究会社Toyota Research Institute、ミシガン州アナーバーに新拠点を開設し自動運転研究を推進

Next