obniz、BLE経由の屋内位置情報を活用したIoT開発を可能にする「Location Kit」を発売

昨今、労働生産性の向上や安全性管理などを目的に、屋内位置情報をBLE経由でリアルタイムに把握するIoTシステムの開発・導入が進んでいる。

株式会社obnizの「obniz BLE/Wi-Fiゲートウェイ」は、エンコアードジャパン株式会社が開発したコネクトハブをobniz独自のIoTテクノロジー「obniz」を活かしてカスタマイズしたGW機器である。電源とWi-Fi環境があればコンセントに挿すだけでセットアップができるコンパクト型で、一般的なGWと比べて1台あたりの価格は約2分の1となっている。

このほど、obnizは2021年3月18日にobniz BLE/Wi-Fiゲートウェイおよびビーコンタグを複数台セットにした「Location Kit」を公式ストアで発売した。

Location Kitは、専用のアプリケーションからゲートウェイを操作し、ビーコンタグの発信する信号を取得して、画面上で位置情報を確認することができる。obniz独自のBLE(Bluetooth Low Energy)技術を利用するため、面倒なプログラミング開発や設置作業から解放され、屋内位置情報を活用するIoT開発にすぐに着手できる。また、人やモノに装着したビーコンの無線信号の受信電波強度により、存在検知や近接検知を行える。obniz、BLE経由の屋内位置情報を活用したIoT開発を可能にする「Location Kit」を発売

obniz、BLE経由の屋内位置情報を活用したIoT開発を可能にする「Location Kit」を発売
専用アプリでの画面イメージ

なお、Location Kitの価格は77,000円(税込)である。