マクニカ、介護現場の通知見逃し防止へ向け見守りシステム「AttentiveConnect」と コミュニケーションアプリ「Buddycom」との連携機能を提供

急速に進む少子高齢化により、介護におけるICT化が進んでいる。そのひとつとして見守りシステムがあるが、センサーを信頼して巡回を最適化することが十分に進められていないという課題があった。そして、その要因の1つとして、センサーからの通知を確実に受け取ることが出来ていないという点があった。

そこで株式会社マクニカは、株式会社サイエンスアーツの未来型チームコミュニケーションアプリ「Buddycom(バディコム)」と、マクニカが提供している見守りサービス「AttentiveConnect(アテンティブコネクト)」を連携した新たな機能の提供を開始する。

「AttentiveConnect」と「Buddycom」が連携することにより、介護現場にて管理画面と音声で正確なデータを送ることができる。

「AttentiveConnect」が対応しているベッドセンサー「noomi」が検知した離床やバイタルの異常といったアラートを、「Buddycom」を使って一斉に音声通知することで、現場のスタッフが画面を見ることが出来できない状況にあっても、グループ全員に通知することができる。また、聞き逃した音声を後から聞き直したり、テキストで確認することも可能だ。

今後マクニカは、将来的な拡張案として以下の機能提供を検討しているという。

  • 「AttentiveConnect」のクラウドを活用した、見守り・記録・分析といったあらゆるシステム・サービスとの連携基盤。
  • 血圧・体温などといった、「AttentiveConnect」に統合されるヘルスケアデータを用いた、高度な健康状態の分析と通知。
  • 「Buddycom」のコミュニケーション履歴をもとにした、介護職員の業務効率等の分析。