米国トレジャーデータ社とかもめエンジニアリング 「リアルタイム・データハブ」の分野における協業を開始

米国トレジャーデータ社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:芳川裕誠、以下:トレジャーデータ)とかもめエンジニアリング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:潮村 剛、以下かもめエンジニアリング)は、6月29日より全てのデータをトレジャーデータに格納すると同時に、リアルタイムモニタリングやリアルタイムデータマート作成など、必要に応じて様々なリアルタイム処理を実行することができるプラットフォーム「リアルタイム・データハブ」の分野において協業を開始した。

米国トレジャーデータ社とかもめエンジニアリング 「リアルタイム・データハブ」の分野における協業を開始

スマートデバイスやIoTの普及により、ますますデータ量が増大しており、ビッグデータの活用が期待されている。

これらのデータをよりビジネスで活用するために、トレジャーデータが提供するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」と、かもめエンジニアリングが提供する、リアルタイム・ビッグデータ処理ツール「GUST」を組み合わせることで、「リアルタイム・データハブ」を構築するためのプラットフォームを提供する。

 

トレジャーデータが提供するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」は、様々な大量のデータを、簡単に、かつセキュアに、クラウド上に蓄積・保存する。

また、スキーマレスにデータを蓄積・保存するので、煩わしいスキーマ管理は不要だ。

SQLやAPIなどの簡単な方法で、高速にデータを集計、抽出することができる。

SalesforceやTableau、Motion Board、Jaspersoft、Pentaho、Excelなど、様々なツールに簡単に連携することが可能。

 

かもめエンジニアリングが提供する、リアルタイム・ビッグデータ処理ツール「GUST」は、ビッグデータをトレジャーデータに蓄積・保存しながら、同時に様々なリアルタイム処理を実行する。

例えばトレジャーデータへのデータの蓄積・保存を行いながら、同時にリアルタイムにデータマートを作成する。

これにより、通常データが発生してから分析用のデータマートが使用できるようになるまで、2~3営業日要していたところ、発生したタイミングですぐに使えるデータマートを提供することができる。

 

また、トレジャーデータへのデータの蓄積・保存を行いながら、ビッグデータのリアルタイム監視を行うことができる。「大量のシステムログから、異常データを検知したい」、「システムへの不正アタックや、不正な決済の実行などを、速やかに検知したい」といった顧客のニーズに対応。

また、消費者の行動をリアルタイムにモニタリングして、その場でのクーポン発行・送付など、マーケティングでの活用も可能だ。

 

さらに、既にトレジャーデータに蓄積・保存されているビッグデータから、短時間で高速にデータマートが作成できるため、繰り返し何度もデータマート作成処理を実行でき、データの仮説・検証のサイクルを短縮する。

 

■トレジャーデータとは・・・

2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、ビッグデータのプラットフォームの提供を専門としている。

大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応して、ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供している。

さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化している。

日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ 株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始している。

 

■かもめエンジニアリングとは・・・

2008年5月に設立されたかもめエンジニアリング株式会社は、大容量・高速・リアルタイム処理が必要なシステムの提供を専門としている。

分散処理や分散KVSの技術を採用した認証・認可・課金やアクセス制御システム「KFEP」シリーズを、日本国内の大手モバイル通信事業者や固定網通信事業者等へ提供してきた。

さらに、今後ますますビッグデータ化が進む各分野において必要となる、大容量・高速・リアルタイム処理を簡単にする対応を進めている。

また、本年5月にオライリー・ジャパン社より出版された「Diameterプロトコルガイド」を執筆した。

 

お問い合わせ先

■トレジャーデータ株式会社

(一般の方からの問い合わせ先)
トレジャーデータ株式会社
マーケティングディレクター
堀内
E-mail:info@treasure-data.com
URL:http://www.treasure-data.com/jp/
E-mail:vai@va-intl.co.jp

(報道関係からの問い合わせ先)
トレジャーデータ 広報担当
(株)VAインターナショナル
田中/進藤
TEL:03-3499-0016
FAX:03-3499-0017

■かもめエンジニアリング株式会社
潮村
TEL:03-6420-3177
E-mail: press@kamome-e.com
URL:http://kfep.jp/contact

Previous

Googleの自動運転カー、公道で走行テスト開始

初開催のCESアジアには40カ国以上が参加、2万人が来場

Next