富士通が提供するAIレジレスシステムを、リクルートの社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」に導入

富士通株式会社は、同社が提供するAIレジレスソリューションZippinを活用したレジレスシステムを、KS LINK株式会社が運営する株式会社リクルートの社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」に導入することを発表した。

このレジシステムでは、カメラや棚センサーなどのIoT機器とクラウド上のAIを組み合わせることで、来店客の動きや購入商品を判別し、自動で決済を行う。

これにより来店客は、事前にアプリをダウンロードし、クレジットカードの情報を登録しておけば、購入したい商品を手に取り、そのまま退店するだけで自動的に決済が完了される。退店後にはスマートフォンに電子レシートが送られ、購入履歴を確認することができる。

富士通が提供するAIレジレスシステムを、リクルートの社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」に導入
「BeeThere Go」アプリの利用イメージ

また、店舗向けの機能として、月週日別の売り上げの確認や、日常的な商品の価格変更などを管理Web画面から行える新機能を提供する。これらの機能により、店舗の従業員の作業の省力化、日々の売り上げに応じた柔軟な販売施策の実施が可能になる。

富士通は今後、商品マスタを効率的に登録するための運用機能などを追加するほか、棚センサーを使ったレジレスソリューションでは難しいとされる冷凍食品の販売の実験的取り組みを支援するとしている。