ニチガスとフューチャー、デジタルツイン化システム「ニチガスツイン on DL」を開発

日本瓦斯株式会社(以下、ニチガス)とフューチャー株式会社は、LPガスハブ充填基地「夢の絆・川崎(※1)」の竣工にあわせて、デジタルツイン(※2)化システムである「ニチガスツイン on DL」を開発し、運用を開始した。

同システムは、LPガス事業にかかわるコンベア、充填機、ボンベ及び車輌などのIoTリアルデータや物理的な資産をサイバー空間上に再現することにより、直接現地に出向かなくてもその状態を把握したり操作することができるシステムである。

一般的にはCPS(※3)と呼ばれるシステムだが、同システムの特長は、LPガス事業における製造(充填)、配送、在庫、需要から構成される一連のサイクルから収集したデータを、サイバー空間上でAIがディープ・ラーニングによって成長しながら分析・処理することにより、LPガス事業における環境負荷の低いシステムを更に最適化することができる。

ニチガスとフューチャー、デジタルツイン化システム「ニチガスツイン on DL」を開発

これにより、この事業サイクルに関わるガス事業者、配送会社や個人のコスト負担・環境負荷が軽減する。ニチガスは、ガスメーターをデジタルツイン化したシステムであるMDDM(※4)を構築し「スペース蛍クラウド」として2020年5月より外部提供を開始しているが、同システムは、スペース蛍クラウドを包含したCPSである。

これまでは人的リソースに頼らないと被災状況の把握が困難なケースがあったが、同システムの導入により、早急な被害状況の把握と利用者への迅速な対応が可能になるとともに、緊急事態にはサイバー空間上で資産状況を即座に把握することで、災害対応の迅速化を図る。

今後、同システムを夢の絆・川崎のみならず、全ての供給設備、デポステーション、ボンベ、車輌などの物理資産に適用し、サイバー空間上で監視、管理及び操作することを可能にするとしている。

さらに、他エネルギー事業者と同システムを共同利用することにより、利用する各社がエネルギーを供給しているエリアに対して、災害対策システム環境やオフグリッドシステム(※5)へのデータ提供環境を構築するとのことだ。

※1 夢の絆・川崎:ニチガスが「LPG 託送」という新たな共創環境の実現を目指して建設したLPガスハブ充填基地。
※2 デジタルツイン:現実の世界から様々な情報を取得することによって、仮想空間(サイバーやデジタル)に実世界(物理世界)の情報を双子のように再現する技術のこと。
※3 CPS(Cyber Physical System):実世界(物理世界)の多様な情報をセンサーネットワーク等で収集し、コンピューターによる仮想空間(サイバーやデジタル)に取り込み、情報分析・解析し、業務効率化や社会全体の活性化を図る概念。
※4 MDDM(Meter Device and Data Management):ニチガスが開発したガスメーターをオンライン化する「スペース蛍」及び「ニチガスストリーム」、さらにそれにより収集されるデータを管理するシステムのこと。
※5 オフグリッドシステム:電力会社の送配電網に頼らずに自然エネルギーや自家発電・蓄電池等によって電気をはじめとするエネルギーを自給自足できるシステムのこと。