キヤノンITS、AWSにも対応したITシステムの監視・障害復旧・運用を自動化する「クラウドMSP」を提供開始

近年、企業は既存システムの刷新や新たなシステム構築などを進める中、ITシステムを支えるインフラおよび運用においては複雑化・多様化が進んでおり、エンジニア不足などの課題を抱えている。

そうした中キヤノンITSは、顧客のITシステムを常に監視し、障害検知時にはオペレーターによる障害一次対応を実施するMSPサービスに、新たにAWSのクラウドサービスに正式対応した「クラウドMSP」を2021年5月28日より提供開始することを発表した。

「クラウドMSP」は、AWSを利用している顧客を対象に、仮想サーバー等の監視、障害復旧、運用までの自動化を行い、ITシステムの障害そのものを未然に防ぐための対処策を強化したものだ。

その他にも、「クラウドに特化した運用監視機能の提供」「プロアクティブな監視による未然のトラブル防止」「障害復旧の迅速化」「システム稼働状況の見える化」などが特長として挙げられている。