パナソニックとサッポロHD、冷蔵庫内の在庫情報を活用した食品ロス削減の取り組みを開始

2019年に「食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減推進法)」が施行されるなど、社会課題として食品ロス削減が求められている。現在、日本における食品ロスの量は年間600万トン発生しており、その内の約46%が家庭から出るという統計があり、冷蔵庫はこの課題に対して大きな役割を果たす存在となっている。

パナソニック株式会社とサッポロホールディングス株式会社(以下、サッポロHD)は、冷蔵庫内の在庫情報をスマートフォンで確認できる「ストックマネージャー(重量検知プレート)」を活用した食品ロス削減の取り組みとして、ストックマネージャーの在庫情報に基づいて、サッポロHDが運営するWebアプリ「うちレピ」で使い切りレシピを提案する実証を2021年7月1日より開始することを発表した。

ストックマネージャーは、重量検知プレートのセンサーで取得した重量データから算出した在庫情報を、スマートフォンのアプリに表示することができる。食材の消費ペースが把握できるため、計画的な買い物ができ、家族で在庫情報をシェアすることでダブり買いの防止にもつながる。また、アプリの食材管理画面で利用期限を設定すると設定した日付に使い忘れ通知が届くなど、食品ロス削減の実現をサポートする。

一方のうちレピは、家庭にある食材からレシピを提案するWebアプリである。食材購入時のレシート撮影等で食材を登録すると、登録した食材だけで作れるレシピや買い足す食材候補をAIが提案する。料理を通じた家族コミュニケーションや、家庭の食材を使い切ることで食品ロス削減を図る。

今回の実証では、使い切りレシピの提案による食品ロス削減の効果、および在庫食材データ入力の自動化によるうちレピのユーザビリティ向上の効果を検証する。