シャープとサッポロホールディングス、レシピサービス「うちレピ」と「COCORO KITCHEN」を連携させた実証実験を開始

シャープ株式会社とサッポロホールディングス株式会社は、サッポロホールディングスが提供するWebアプリ「うちレピ」と、シャープが提供するウォーターオーブン「ヘルシオ」と水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」のレシピサービス「COCORO KITCHEN」を連携させる新サービスの実証実験を開始する。

「うちレピ」は、食品関連企業が提供するレシピを掲載し、家庭にある食材を登録すると、AIがその食材に関連したレシピや買い足す食材の候補を提案してくれるサービスで、「在庫管理」「レシピ決め」にフォーカスしている。

一方、「COCORO KITCHEN」レシピサービスは、ヘルシオやホットクックで調理できる専用メニューを本体にダウンロードして利用することができるサービスで、「調理」までを行うことができるのが特徴だ。

今回の実証実験では、「うちレピ」のユーザーがヘルシオやホットクックの機種を登録して使いたい食材を入力すると、「COCORO KITCHEN」のおすすめレシピの一部を閲覧できるようになる。

また、「COCORO KITCHEN」のユーザーは、「うちレピ」のレシピ提供企業8社が開発したヘルシオやホットクックの専用レシピの閲覧とダウンロードができるようになる。

両サービスの連携により、食材管理からレシピ・献立決め、自動調理までを利用することが可能となる。

シャープとサッポロホールディングス、レシピサービス「うちレピ」と「COCORO KITCHEN」を連携させた実証実験を開始
実証実験の概要図