鹿島建設とリコー、VR空間を利用した「リコーバーチャルワークプレイス」を導入し現場遠隔管理に向けた取り組みを開始

建設工事では、複数の関係者が同じ場所に集い、現物を確認の上、コミュニケーションを取りながら意思決定を行う場面が数多く発生する。

一方、近年はIoTの進展とともに、生産性の向上や新型コロナウイルスの感染対策などを目的に、建設現場においても遠隔臨場やリモートワーク等といった新しい働き方が求められている。そうした中、様々な資料を用いて関係者全員が建設プロセスやイメージを共有することは一層難しくなり、合意形成に時間を要する場合もあった。

鹿島建設株式会社と株式会社リコーは、国土交通省北陸地方整備局発注の大河津分水路新第二床固改築Ⅰ期工事(新潟県長岡市)において、リコーが開発した「リコーバーチャルワークプレイス(以下、VWP)」を導入し、新たな現場遠隔管理に向けた取組みを開始した。

VWPは、ネットワークにつながったパソコンとVRゴーグル、VWPアプリケーションを使い、遠隔から多人数が同時に同じVR空間に入り、各人が自由な視点でコミュニケーションできるシステムである。VR空間内に、BIM/CIMモデル、360°写真、3Dスキャナで計測した点群データ等を反映できるため、遠隔地から現場の状況を現地で実際に立ち会うのと同等に確認することができる。

また、VR空間では互いに自由な会話ができるとともに、3Dスキャナで計測した構造物の点群計測や電子書類の確認、書類へのサインを行えるため、遠隔臨場での立会いも可能だ。さらに、同工事では現場カメラのライブ配信映像をVR空間内で共有する機能を新たに実装しており、これにより複数の遠隔地から実際の現場映像を見ながら打合せが可能になった。

今回の導入にあたっては、国土交通省北陸地方整備局信濃川河川事務所、鹿島JV事務所、鹿島本社(東京都港区)の3拠点から、BIM/CIMモデルや点群データ、現場カメラのライブ配信映像をVR空間内で共有できることを確認し、2021年5月から運用を開始した。

これにより、VRと現実空間が融合され、遠隔地からでもあたかも建設現場にいるような感覚で、同じ情報を共有しながらコミュニケーションや意思決定を行うことが可能となった。

同工事は、国土交通省の定めるi-Constructionモデル事業所に選定されており、これまでもBIM/CIMモデルによる施工計画・管理、3Dスキャナで取得した点群データの活用、水中可視化による河床の状況把握など、様々な先端技術の活用を進めている。

さらに今後は、同システムを積極的に活用し、発注者とともにスピーディーかつ現場状況に合致した適正な意思決定に役立てていくとしている。またリコーと共同で、360°カメラのライブ配信映像の組込み等の更なるシステムの高度化や現場管理ツールとの連携を進めることで、デジタル時代に相応しい新たな現場管理・働き方を発信していく。