ドリームインキュベータ、コンシューマー向けスポーツIoT分野のZeppの株式を取得

株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)は、コンシューマー向けスポーツIoT分野のZepp International, Ltd.(以下、Zepp)の株式を取得し、コンサルティング支援を行うことを発表した。

なお、今回の株式取得は、中国における戦略的提携先のベンチャーキャピタルLegend Capitalとの共同案件となる。DIは、今後ともLegend Capitalとの提携を通じた中国インターネット・コンテンツ企業への投資・コンサルティング支援を加速させていくという。

 

Zeppについて

Zeppは、センシングデバイスとスマートフォンを連携させることで、スウィングスポーツの上達を促す、画期的な商品を提供している。

北米・欧州ではスポーツIoTデバイスとして、シェアNo1を誇り、野球メジャーリーグのオルティス選手・ゴルフのミシェル-ウィー選手・テニスのラオニチ選手ら様々なプロ選手に愛用されている。Wired誌にも「小米・DJIに次ぐ中国発イノベーション企業」として紹介された。

・野球における活用例
ドリームインキュベータ、コンシューマー向けスポーツIoT分野のZeppの株式を取得
・ゴルフにおける活用例
ドリームインキュベータ、コンシューマー向けスポーツIoT分野のZeppの株式を取得

(出所)Wired誌2015年12月25日号、Zepp Webサイト

 

【関連リンク】
ドリームインキュベータ(DI)
Zepp
Legend Capital(君联资本)

Previous

GMOグローバルサイン、セキュアなIoT環境の実現を支援する「グローバルサイン IoTプログラム」を開始

PTC、Vuforiaのマイクロソフト ホロレンズ対応を発表

Next