NEC、AIを活用した光ファイバセンシングソリューション「NEC Intelligent Optical Fiber Sensing Solution」を販売開始

昨今、5Gの高速大容量の通信が普及する中で光ファイバの重要度が増し、ファイバの敷設が増えているが、それに伴い、ファイバの損傷等による通信障害が与える影響度も増加している。

また、通信事業者や光ファイバ所有者において、ファイバ損傷時の迅速な損傷箇所の把握が困難で修繕までに時間を要することや、ファイバを管理するオペレーターや保守員の担い手不足が課題となっており、ファイバの保全・管理業務の効率化を支援する仕組みが求められていた。

日本電気株式会社(以下、NEC)は、主に通信事業者や光ファイバ所有者などを対象に、世界中に張り巡らされた光ファイバをセンサとして活用可能なソリューション「NEC Intelligent Optical Fiber Sensing Solution」の販売を開始した。

同ソリューションは、既に敷設されている通信用光ファイバからのセンシングを可能とした、NECの光ファイバセンシング技術を活用したものである。ファイバから検知した振動をAIで分析することで、ファイバを切断する可能性のある建設機械の振動源等を自動で検知することができる。これにより、工事等によるいつもとは違う振動を把握して、偶発的なファイバ損傷の予防が可能となり、インフラ保全に貢献する。

また、ファイバの正確な位置情報を地図上にマッピングできるため、ファイバに損傷などの異常が起きた際に、迅速に損傷箇所を特定することが可能だ。これにより、異常を検知した際は、リアルタイムでオペレーターにアラートが通知され、地図上で異常箇所を見つけることが可能となり、オペレーターから作業員への正確な指示による無駄のない修繕作業を支援する。

NECはこれまで、光ファイバセンシング技術を活用し、電柱のひび割れの検知やVerizon Communications Inc.(以下、ベライゾン)と道路の交通状況把握などの交通モニタリングの共同実証を実施し、有効性を確認している。同ソリューションについても、ベライゾンのフィールドで実証を実施しており、有効性を確認しているとのことだ。
NEC、AIを活用した光ファイバセンシングソリューション「NEC Intelligent Optical Fiber Sensing Solution」を販売開始
なお、同ソリューションの標準価格は、3千万円(税抜)となっている。標準構成には、センシング装置一式、年間ライセンス費、クラウド構築費が含まれている。この他、保守費用、ネットワーク通信費が必要となる。

NECは、同ソリューションの販売目標として、2025年までに30社以上、売上100億円以上を掲げている。