RT.ワークス、先端のロボット技術による歩行を支援する「ロボットアシストウォーカー RT.2 」を発表

RT.ワークス株式会社は、新商品「ロボットアシストウォーカー RT.2」を発表した。

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、先端のロボット技術による歩行状態に合わせた電動アシスト機能を搭載した自動制御機能付き歩行器だ。

ロボットアシストウォーカーRT.1の機能をシンプルにまとめた商品で、2016年7月に発売予定。価格はRT.1の半額程度の価格を実現できるよう進めているという。

 

「ロボットアシストウォーカー RT.2」

・ロボット技術により坂道、急発進時など自動でアシスト、ブレーキが働き安心歩行。
・コンパクトかつシンプルな設計で通常の歩行車としての使い勝手も実現。
・2016年7月より発売開始予定。介護保険レンタル適用予定。

 

また、「 バリアフリー2016 」では、介護ロボットコーナー内に特設ブースを設け、高機能モデルRT.1と新商品RT.2の体験デモおよびプレゼンテーションコーナーでのミニセミナーが実施される。

展示会名 : バリアフリー2016  (入場無料)
展示日程 : 2016年4月21日(木)~2016年4月23日(土) 10:00~17:00
会場 :インテックス大阪 4号館 介護ロボットゾーン ブース番号4-345(介護ロボットゾーンプレゼンテーションセミナー会場前)

 

【関連リンク】
RT.ワークス(RT.WORKS)

Previous

JAL、マイクロソフトの最新ホログラフィック コンピューター「Microsoft HoloLens(マイクロソフト ホロレンズ)」の業務活用プロトタイプを開発

M-SOLUTIONS、IoTデバイス向けアプリケーション開発拠点「旭川開発センター」を開設

Next