IDC、国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表

企業:

IDC Japan株式会社は、2020年の国内ITサービス市場のベンダー売上ランキングを発表した。

2020年の国内ITサービス市場は前年比2.8%減の5兆6,834億円となったとみられる。ベンダー売上の上位5社は、1位から順に、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、IBMとなった。中央省庁向けのマネージドサービスが拡大したNTTデータが、3位から2位に順位を上げている。

サービスセグメント別に見ると、プロジェクトベース市場では、前年の特需の反動減と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、上位10社のうち7社がマイナス成長となった。安定性が高いマネージドサービス市場では、COVID-19の影響は限定的であり、上位10社のうち6社がプラス成長を維持した。

サポートサービス市場では、ハードウェアサポート市場の縮小傾向の継続、前年の特需の反動減とCOVID-19の影響により、上位10社のうち9社がマイナス成長となった。

産業分野別に見ると、金融向けは、COVID-19の影響が比較的小さく、上位10社の順位に変動はなかった。製造向けは、COVID-19の影響が大きく、上位5社はすべてマイナス成長となった。政府/公共向けは、中央省庁はCOVID-19の影響が比較的小さかった一方で、地方自治体はその影響が大きく、前年の特需の反動減の影響もあり、ベンダーの成長率にはばらつきが見られる。

前年比売上成長率が最も高かった大手ITベンダーは、前年同様、アクセンチュアだった。アクセンチュアは、参考資料に掲載した上位7社には含まれていないが、すべての産業分野で二桁台のプラス成長を遂げ、ITサービス事業の拡大が続いている。

IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの木村聡宏氏は「低成長が続く見込みの国内ITサービス市場において、ITサービス事業者は、収益力の向上と、増加するアジャイル開発やDevOpsに不可欠な開発力の強化に取り組むべきである」と述べている。