NEC、ビッグデータの迅速な分析を支援する「Express5800シリーズ」2wayサーバを発売

NECは、IAサーバ「Express5800シリーズ」において、ラックサーバ4機種、タワーサーバ1機種、モジュラーサーバ1機種、ブレードサーバ1機種の合計7機種を販売する。

 

新製品は、22コアのインテル最新CPUを搭載し処理速度を従来機比20%(注1)向上させた2wayサーバ。

動作環境温度を従来の40度から45度まで拡大し、空調の消費電力を4%(注2)低減させ、施設全体の省電力化に貢献する。

また、保守サービスをパッケージ化した「保守サポートパック」の期間を従来の3年、4年、5年の3モデルに加え6年、7年を新たに拡充し、ユーザの効率的な投資計画に合わせた継続利用を支援する。

 

NECは「社会ソリューション事業」に注力しており、これらの新製品を拡販することで、社会や企業活動をさせるICTインフラの高度化に貢献する。

昨今、IoTの進展に伴い、データの増加が進む中で、企業は新たな価値創出のため、大量のデータの迅速な分析に注目している。また、CPUを搭載したサーバと比べ、迅速に分析可能なGPUを搭載したサーバのニーズが高まっている。

NECは、最新CPUとGPUを搭載し、処理速度を向上させた新製品を提供することで、迅速な分析を支援しこのニーズに応えるという。

 

価格および出荷日・サポート開始日

製品名 価格(税別) 出荷日
サポート開始日
2wayラックサーバ
「Express5800/R120g-1M」
621,000円~ 4月26日
2wayラックサーバ
「Express5800/R120g-2M」
667,000円~ 4月26日
2wayラックサーバ
「Express5800/R120g-1E」
432,000円~ 6月10日
2wayラックサーバ
「Express5800/R120g-2E」
441,000円~ 4月26日
2wayタワーサーバ
「Express5800/T120g」
393,000円~ 4月26日
2wayブレードサーバ
「Express5800/B120g-h」
473,000円~ 4月26日
2wayモジュラーサーバ
「Express5800/E120g-M」
344,000円~ 4月26日
保守サポートパック
「ExpressSupportPack G3プレミアム」
178,000円~ 4月26日

 

特長

最新CPUを搭載し、処理性能20%向上

22コアのインテル最新CPU、Intel(R)Xeon(R)プロセッサーE5-2600v4製品ファミリーを搭載し、処理速度を従来機比20%向上。また、ラックサーバ「Express5800/R120g-2M」とタワーサーバ「Exress5800/T120g」は、エヌビディア最新GPU、NVIDIA Tesla K40とNVIDIA Tesla K80が搭載可能なオプションを用意し、顧客の店内行動などのビッグデータの迅速な分析を支援する。

動作環境温度を45度環境まで保証

採用する部品の見直し、効率的な冷却が可能な構造の採用により、ラックサーバとタワーサーバの動作環境温度を従来の40度環境から45度環境まで拡大した。これにより、空調の消費電力を4%低減させ、施設全体の省電力化に貢献する。

「保守サポートパック」の期間を拡充

出張修理やパーツ保証などの保守サービスをパッケージ化した「保守サポートパック」のサービス提供期間を従来の3年、4年、5年の3種類に加え、新たに6年、7年を追加した。これにより、ユーザの効率的な投資計画に合わせたサーバの継続利用を支援する。

 

(注1) 従来機との比較。NEC調べ。
(注2) 新製品の40度対応と45度対応との比較。NEC調べ。

 

【関連リンク】
日本電気(NEC)
インテル(Intel)
エヌビディア(NVIDIA)
Express5800シリーズ

Previous

ガートナー、日本における「人工知能」に関する意識調査の結果を発表。54.6%が10年以内に人工知能による仕事への影響があると回答

JAL、マイクロソフトの最新ホログラフィック コンピューター「Microsoft HoloLens(マイクロソフト ホロレンズ)」の業務活用プロトタイプを開発

Next