IIJ、LoRaWANを利用したIoTソリューションにおいて熱中症を予防する「WBGTセンサー」の提供を開始

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、無線通信技術LoRaWANを利用したIoTソリューション「IIJ LoRaWANソリューション」において、熱中症のリスクを示す「暑さ指数(WBGT)」を計測するセンサー(フジクラ製)の提供を開始した。(トップ画左:屋内用 右:屋外用)

今回提供するWBGTセンサーは、輻射熱を測定する黒球温度センサーの搭載しており、「JIS B 7922」クラス2準拠のWBGT測定をすることができる。

また、色素増感太陽電池を搭載しており、一定の照度で自立電源駆動が可能。データ伝送はLoRaWAN無線通信で行うため、電源や通信の配線工事が不要で、広域でのデータ収集に適しているため、広い敷地を持つ施設においても導入することができる。

IIJ、LoRaWANを利用したIoTソリューションにおいて暑さ指数WBGTセンサーの提供を開始
サービス全体の概要イメージ図。

計測したデータはLoRaWANゲートウェイに集められ、ゲートウェイからIIJモバイルサービスの閉域ネットワーク経由でIIJのクラウドに保管される。計測された暑さ指数は、PCやスマホから専用アプリで遠隔監視することができる。

さらに、計測値が設定した閾値を超えて熱中症リスクが高まった場合には、管理者や現場担当者にシステムから自動でメール通知することができる。