MODE、スマートシティ向けOS「FIWARE-ORION」とのデータ連携のテスト検証完了

スマートシティでは、都市のあらゆるモノがインターネットに繋がり、人・モノ・情報をリアルタイムで結びつけることで、次世代の魅力ある街づくりが可能になるとされている。

MODE,Inc.は、スマートシティ向けOSであるFIWARE-ORIONとのデータ連携のテスト検証を完了したことを発表した。

FIWAREは、スマートシティのデータ連携基盤の中核を担うよう設計されたオープンソースウェアである。今回、FIWAREの中でコンテクスト情報管理を担うFIWARE-ORIONとのデータ連携テストを行った。

FIWAREとMODE IoT Platformとのデータ連携が検証できたことによって、FIWAREで構成された都市OSに対しても利用ケースに応じたMODEによるIoTデータ収集機能を提案できるようになった。また、リアルデータをクラウドにアップロードする仕組みを持たない企業でも、都市OSでリアルデータの活用を容易に行えるようになった。