デロイト トーマツ、患者・医療機関・製薬企業などをデジタルでつなぐConnected Healthのサービスを提供開始

現在日本の医療業界では、予防・診断・治療・予後モニタリングといったペイシェントジャーニーの中で関係するプレイヤーやサービスが分断され、医療機関外での行動は患者任せになってしまっている、患者の関連データが管理・共有できていない、といったように、患者目線でより効率的・効果的な医療サービスを提供できていないことが課題となっている。

特に糖尿病、リウマチや乾癬などの慢性疾患、希少疾患など長期に渡る療養治療を必要とする疾患では、患者が服薬や食餌療法、運動療法などの自己管理を適切に行うことができず、治療の効果を実感しづらくなり、その結果として治療過程で離脱し、重症化するケースも見られる。

このような医療・治療の非連続性を解消し、患者が通院や自己管理まで含めて適切に治療に取り組める環境の実現が求められており、ヒト・モノ・サービスを繋いだ患者中心のヘルスケアの必要性がかつてないほど高まっている。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、デロイト トーマツ)は、患者と医療機関、製薬企業などをデジタルでつなぐConnected Healthの実現を特に患者接点の深化が求められる製薬企業向けに支援するサービスの提供を開始することを発表した。

同サービスでは、デロイト トーマツがこれまで製薬企業、医療機関、自治体、テクノロジー企業との協業を通じて得たサイエンス・ビジネス・システムに関する知見を活かし、製薬企業向けにConnected Healthの実現を一気通貫で支援する。

具体的には、対象疾患の選定、疾患ごとのペイシェントジャーニー分析による課題の洗い出しなどの構想策定から、システム導入、運用・分析を担うことで、個々のサービスや情報を連携させ、予防・診断・治療・予後モニタリングが連携した、より適切な医療の提供を目指す。

Connected Healthの実現により、患者の治療満足度向上のみならず、医療機関における最適・効率的な医療が提供できるようになる。そして製薬企業においては、これまでとは異なる直接的かつ俯瞰的な患者との接点を通じ、より正確に患者のことを理解することで、医学的エビデンスの創出や創薬への価値循環などが期待できる。
デロイト トーマツ、患者・医療機関・製薬企業などをデジタルでつなぐConnected Healthのサービスを提供開始