NTN、産業用IoTプラットフォーム向け軸受診断アプリを開発

企業:

近年、省人化や生産性の向上を背景に、生産設備の予知保全へのニーズが高まっている。IoTを活用し、設備や稼働状況を監視するとともに、生産現場でデータをリアルタイムに収集・分析することで、設備の不具合や故障をいち早く知り、計画的にメンテナンスや部品交換を行うことができる。

NTN株式会社は、一般社団法人Edgecrossコンソーシアム提供の産業用IoTプラットフォーム「Edgecross(※)」に対応した軸受診断アプリケーションを開発し、無料体験版の提供を開始した。

同アプリは、軸受近傍に設置された振動センサのデータを収集し、軸受の異常を診断するソフトウェアである。診断開始時点を基準に状態レベルを4段階で出力し、軸受の診断結果を3秒~10秒ごとに更新するため、僅かな時間に現れる変化も捉えることができる。センサからの診断結果は最大16か所まで同時に確認できる。

また、軸受情報や運転情報などの設定は不要で、NTN以外の軸受の診断も可能だ。さらに、導入、運用時のインターネット接続は不要なため、データを外部に出したくない場合やネットワーク環境が整っていない場合でも利用できる。

同アプリの開発にあたっては、軸受の損傷を検知する技術や損傷の進展をモニタリングする手法など、NTNが軸受メーカとしてこれまで蓄積してきた技術やノウハウに加え、大型風力発電装置向けの状態監視システム「Wind Doctor」において開発した軸受診断のアルゴリズムを活用している。

※ Edgecross:生産現場のIoT化の推進を目的に生産現場のFA(ファクトリーオートメーション)機器とITシステムの連携を実現するオープンなエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム。