サムスン・ベンチャーズが、視線追跡技術を活用した革新的なVRヘッドセット開発会社FOVEへ出資

2015年6月25日サンフランシスコ – Kickstarterで45万ドル以上の資金調達に成功しているFOVE社は、サムスン・ベンチャーズからの出資を受けることを発表した。

FOVEは視線追跡技術を活用した革新的なVRヘッドセット。アイトラッキングは瞬時で正確なUI制御を可能にするだけでなく、バーチャルキャラクターとの視覚的、かつ人間的な繋がりを再現し、ユーザーは自分自身を仮想現実世界に没入させることができるようになる。

FOVEは先月、開発から製造へとフェーズを移す為の資金、25万ドルの調達を目指しKickstarterでのクラウドファンディングキャンペーンを開始致した。現時点で1,300を超える支援者から、45万ドルを超える資金調達に成功している。

製造へ向けた次のステップとして、先日発表されたサムスン・ベンチャーズからの出資により、FOVEはハードウェアの製造を完了させるための新たな資本と支援を得る事ができるようになった。またこれによりValve OpenVRのネイティブサポートとLighthouseのポジショナルトラッキング技術の採用も可能となった。

FOVEのCEOであり共同創業者の小島由香は「この新たな調達資金とKickstarterコミュニティからの支援により、FOVEの開発を更に拡大させていきたいと考えています。私たちの目標はVR市場を更に前進させることです」と述べている。

サムスン・ベンチャーズ・ジャパン代表のIk Hyun Lim氏は「この出資は、当社がFOVEの優れた技術を信頼していることの証です。FOVEは近いうちに競争力のあるVRデバイスを市場へ投入するでしょう」と述べている。

 

■FOVE社沿革

2014年5月に創業したFOVE社は、世界で初となる視線追跡型仮想現実ヘッドマウントディスプレイ「FOVE」を開発し、エンターテインメント産業や医療産業に一大変革をもたらそうとしている。

FOVE社はRothenberg Venturesによる仮想現実技術促進計画RIVERの創設メンバーであり、2014年12月Microsoft Venturesが主宰するロンドンのAccelerator Programを修了している。

現在実施中のKickstarterでは開始わずか3日間で目標金額25万ドルを達成し、今もなお世界中からのファン ディングを増やし続けている。

Rothenberg Ventures: http://rothenbergventures.com/
RIVER       : http://rothenbergventures.com/river
Microsoft Ventures : https://www.microsoftventures.com/
Kickstarter    : https://www.kickstarter.com/projects/fove/fove-the-worlds-first-eye-tracking-virtual-reality

 

Developing for FOVE – What would you do with FOVE?
Previous

ジャパンシステム、新たな市場分野を切り開き、IoT分野へ大きく進出

楽譜が読めなくても弾ける、スマートピアノ

Next