ウイングアーク1st、電子契約サービス「invoiceAgent WingSign」を提供開始

ウイングアーク1st株式会社は、電子契約サービス「invoiceAgent WingSign」の提供を開始した。

invoiceAgent WingSignは、既存システムを変更することなく契約書の作成・確認・署名から保管管理までのすべてを電子化し、ペーパーレス・ハンコレスを促進する電子契約サービスである。契約業務の電子化による業務効率化に加えて、締結した契約書とそれに基づき商取引の過程で流通する関連文書を電子保管の領域で一元管理できることがサービスの特長であり、これによりさらなるペーパーレス化と内部統制強化を実現する。

詳しい機能は以下の通り。

  • 電子署名とタイムスタンプの付与
  • 承認者が承認し契約が成立したことに対し、ウイングアーク1stが電子署名とタイムスタンプを付与する。

  • 署名管理
  • 自動生成、手書き、画像等から署名を設定可能だ。

  • 契約プロセス上の通知
  • 契約状態や契約起案、メールの宛先など詳細情報に関して、リマインド設定が可能である。

  • 完了証明書の発行
  • 以下の内容を記載した電子署名とタイムスタンプを付与した証明書を出力する。

    • 契約完了および文書属性や契約作成者など
    • 署名イベント:署名者のユーザー名と契約書に配置した署名
    • 同席署名者イベント:同上
    • 契約編集者イベント:契約を編集した際のユーザー情報と契約日時
    • 契約確認イベント:契約の確認を要請したユーザー情報と確認日時
  • 契約書検索
  • 契約書名での検索のほか、全文検索、文字、数字、日付、文書IDによる検索が可能だ。

  • 契約書保管
  • 版管理、分類・仕分け・保管期間の設定など文書をセキュアに保管する。

今回の新サービスは、ウイングアーク1stが6月に発表した電子取引サービス「invoiceAgent TransPrint」に続く第2弾のサービスとなる。企業間取引における契約業務の効率化により、ビジネススピードが向上する。

なお、同サービスの利用の際は、ウイングアーク1stのドキュメント管理ソリューション「SPA Cloud」または電子取引サービス「invoiceAgent TransPrint」の利用が必要とのこと。