DACと日本IBM、基幹業務管理向けソリューション「Arc XP」の国内展開で協業

少子高齢化や若者の既存メディア離れなど、激しい環境変化に晒されている日本の通信・メディア業界において、「デジタルシフト」は喫緊の課題である。また、ヒト・モノ・カネに次ぐ第4の経営資源とも言われる「情報」の発信、その流通基盤の確立は、どの企業においても、マルチチャンネルで顧客層を獲得していくための新たな収益機会の創出として重視されている。

近年、企業のDXが急速に進む中で、特に日々多くの情報を扱う新聞・テレビ・出版などのメディア業界には、既存システムとの連携などを含め、最適かつ効率的に基盤を整備し、「インフラのデジタル化」および「働き方(ワークフロー)のデジタル化」の実現が求められている。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下、DAC)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、通信・メディア業界のDXを推進するため、基幹業務管理向けソリューション「Arc XP」の国内展開において協業を開始することに合意した。

Arc XPは、企業のデジタル資産を一元管理することを目的に、米国ワシントン・ポスト社(以下、WP)が開発したDX推進のSaaS型プラットフォームである。時間や場所を問わず、記事の作成から写真や映像などのコンテンツ管理、校正や校閲を含む作業スケジュール管理まで、媒体社が必要とする業務の一括管理をクラウド上で行うことができる。

媒体社は同ソリューションを導入することにより、紙面とデジタルの連携を高度化し、リアルタイムでのジャーナリズムを実現するとともに、広告やサブスクリプションなどユーザーに合わせたフレキシブルな収益モデルの構築が可能となる。さらに、記者や編集者などの作業効率の改善やタスク管理の迅速性・正確性の向上を促進し、新しい働き方を提供するなど、企業のDX化に向けた多彩な機能を搭載している。

DACは日本市場におけるWPの独占パートナーとして導入を推進しており、今回の協業により、両社はArc XPを導入する主にメディア業界の企業に対して、コンサルティングからシステム開発、既存システムとの連携や既存アセットの移行、ワークフローの整備、チェンジマネジメント、運用サポートまで、スムーズかつワンストップで提供していく。