シードルインタラクションデザイン、商品が生きているようにしゃべるロボットディスプレイ「ものとーく」を開発

シードルインタラクションデザイン株式会社は、商品が生きているようにしゃべって見せられるロボット型ディスプレイ「ものとーく」を開発し、4月21日より開業した「体感する展望台」SKY CIRCUS サンシャイン 60 展望台に採用された。

 

2020 年東京オリンピックを見据え、IoT やロボット技術を用いた観光や集客技術が注目されている。

「ものとーく」は、生活や店舗に溶け込むディスプレイデザインと、人間らしさを表現可能にするロボット技術により、商品をディスプレイに載せるだけで、まるで商品がしゃべっているかのように動き、商品を商品自体でPRする。液晶ディスプレイと違い商品自体を利用するため、広告CM 感を消しつつも人の目を引きやすく、説得力の高いプロモーションや店舗演出を実現できる。

 

ロボットディスプレイ「ものとーく」SKY CIRCUS 池袋サンシャイン60展望台に採用

 

SyncPresenter(ものとーく)ver1.0: 入出力一体のターンテーブル型プレゼンテーションメディア

 

【関連リンク】
シードルインタラクションデザイン(Cidre Interation Design)
ものとーく(MONOTALK)

Previous

ZMP・SAPジャパン・凸版印刷、物流支援ロボット「CarriRo」を活用したIoTによる業務効率化ソリューションの提供を共同で推進

ハウステンボス、「ロボットの王国 」7月グランドオープン

Next