NECと九州大学が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」、東京都の認知症高齢者向けIoT実証事業に採用

東京都の「大学研究者による事業提案制度」に採択されたテーマ「AIとIoTにより認知症高齢者問題を多面的に解決する東京アプローチの確立」(以下、東京アプローチ)は、国立大学法人電気通信大学が中心となって提案するテーマで、認知症患者のQOLを維持させるとともに、認知症患者のケアを担う介護士や家族の負担を軽減することを目指している。

具体的には、認知症患者に装着されるウェラブルセンサや居室に置かれた各種のセンサとエッジコンピューティングならびにAIシステムを連動させ、認知症患者を見守るだけでなく、認知症特有の行動症状および心理症状であるBPSD(Behavioral and Psychological Symptom of Dementia)の予測を自動的に行い、介護士へ通知してケア手法を提示するものである。

NECと九州大学が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」、東京都の認知症高齢者向けIoT実証事業に採用
東京アプローチ
この東京アプローチを実現するシステムは、早期の社会実装を目指すため、安価かつ短期間で構築する必要がある。また、認知症患者のバイタルデータ、居室の環境データ、介護記録など、認知症患者にまつわるパーソナライズされた多種多様なデータを、安全に収集し処理するエッジコンピューティングプラットフォーム(※)が必要なほか、機器のリソース管理や多数のエッジのプログラムを、リモートで配信・管理するための機能も求められている。

日本電気株式会社(以下、NEC)と国立大学法人九州大学が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」が、東京アプローチを実現するシステムのエッジコンピューティングプラットフォームとして株式会社ケアコムに採用され、2021年9月から稼働を開始する。

My-IoT開発プラットフォームは、IoTが普及していない国内の産業・地域などにおいて、IoT利用者自身がローコードで簡単にIoTシステムを構築してデジタル化の価値を検証し、新規ビジネス創出につなげることを目的としたエッジコンピューティングプラットフォームである。

内閣府が実施する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」においてNECと九州大学が技術開発しており、同プラットフォームを軸としたコンサルテーション、業者間のマッチング、教育などの社会実装支援ならびに普及活動を担うMy-IoTコンソーシアムが、技術開発と社会実装の両輪で取り組みを進めている。

今回、ケアコムは同プラットフォームを活用することで、東京都アプローチにおいて、認知症予防を実現するためベッドサイドと室内環境の情報収集を行い、通知情報と突合した行動予測を行う。

今後は、この東京アプローチの方向性である、データの蓄積と予測をさらに強化し、医療・介護のみならず家庭における安全・安心の提供を目指して、蓄積された情報の解釈とその利活用を前提としたセーフティマネジメントシステムの構築を目指すとしている。

※ エッジコンピューティングプラットフォーム:利用者や端末と物理的に近い場所に処理装置(エッジプラットフォーム)を分散配置して、ネットワークの端点でデータ処理を行う環境。