デジタルガレージとJCB、NFCタグとスマホを活用した新決済サービスの実証実験を開始

株式会社デジタルガレージを中心とするDGグループと、株式会社ジェーシービーは、NFCタグを活用した非接触型の新決済サービスの実証実験を、京セラドーム大阪施設内、渋谷HUMAXシネマ/池袋HUMAXシネマズ、CHIKUHOにて、2021年9月30日まで実施することを発表した。

今回の実証実験で実施されるNFCタグを活用した新決済サービスとは、Apple PayのウォレットにJCBまたはAmerican Expressのカードを登録している人を対象に、各施設に設置されているNFCタグにスマートフォンをかざすことで、WEBブラウザへと遷移し、決済をオンライン上で完了させることが可能になるというものだ。

ブラウザ上では、金額入力後加盟店へ決済完了画面を提示する決済方法や、メニュー画面を表示する前払い式のモバイルオーダーを行うことができる。支払い手段はスマートフォンに登録しているクレジットカードを用いて決済をする。

デジタルガレージとJCB、NFCタグとスマホを活用した新決済サービスの実証実験を開始
京セラドーム大阪、CHIKUHOに導入される、金額を入力して提示する決済のイメージ図。
デジタルガレージとJCB、NFCタグとスマホを活用した新決済サービスの実証実験を開始
ヒューマックスシネマに導入される、前払い式のモバイルオーダー決済のイメージ図。

今後は今回の実証実験を通じて、顧客体験や店舗オペレーション、技術的改善点などを検証し、国内外でのNFCタグを活用した決済サービスの導入検討を行っていくという。また、Androidスマートフォンへの対応や利用可能なカードブランドの拡充も予定している。