ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始

近年、働き方改革や新型コロナウイルス感染症対策に伴うテレワークの普及により、オフィスを選ぶ際の指標として、広さや立地に加えて、快適性や多様な働き方を実現する環境などが重要視されている。

ソフトバンク株式会社は、会議室やデスクの企業間シェアリングや、ビル内のエリアごとの入室制限システムや空調設備などのビル設備とスマートフォンの連携などを実現し、スマートな働き方を支援するソリューション「WorkOffice+」と、WorkOffice+の導入に必要な各種施工作業やコンサルティング、通信ネットワークの環境構築、軽食などの無人販売サービスをパッケージにした、オフィスビルの管理者向けサービス「Smart Work Solution」の提供を開始した。

WorkOffice+は、オフィスビルの管理者と、各テナント企業の管理者および従業員がそれぞれスマホなどで利用できるソリューションである。会議室やデスクの予約機能と利用開始時および終了時のチェックイン・チェックアウト機能により、テナント企業は自社の会議室やデスクの予約状況と実際の利用状況をリアルタイムに確認することができる。

また、テナント企業の管理者は空いている会議室やデスクを他のテナント企業に貸し出すことが可能だ。他のテナントがその会議室やデスクを利用する際は、WorkOffice+のアプリをインストールしたスマホを持って移動することで、その会議室やデスクがあるフロアでのエレベーターの降車制限・オフィスへの入室制限のロックを解除することができるため、オフィス内のスペースの企業間シェアリングをセキュアに実現する。

さらに、使用エリアの空調設備の操作もWorkOffice+で可能だ。なお、オフィスビルの管理者が会議室やデスクを貸し出すテナント企業に対して、ビル内の無人販売サービスや、他のテナント企業が貸し出す会議室やデスクの利用に使用可能なポイントを付与することができる機能も備えており、会議室やデスクの企業間のシェアリングを誘発して、テナント企業の満足度向上にも役立つ。

ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始
会議室の予約画面/空調設備の操作画面
また、来客専用のQRコードを発行して、来客の入館受け付けをセキュアに自動化することができる。来客がビルの入り口などに設置されたタブレットにQRコードをかざすことで、入館権限や訪問先フロアでのエレベーターの降車権限などが付与されるため、受付スタッフを配備したり、来客のお迎えをしたりする必要がなくなる。
ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始
加えて、オフィスビルの管理者がWorkOffice+でテナント企業へ情報発信をできる他、テナント企業の従業員による既読・未読状況を確認できる。また、テナント企業からオフィスビルの管理者へ連絡することも可能だ。これにより、オフィスビルの管理者とテナント企業の双方向かつ迅速なコミュニケーションを実現するとともに、従来、館内に設置した掲示板などでテナント企業へ情報発信していたオフィスビルの管理者の手間を軽減する。ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始
ソフトバンク、会議室等の企業間シェアリングやビル設備のスマートフォン連携を実現するサービスを提供開始
テナント企業の従業員向けアプリケーションの機能一覧画面