ウイングアーク1st、クラウド型BIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud」のアップデートを実施

ウイングアーク1st株式会社は、専門知識を必要とせずに、クラウドやモバイル環境で見たい情報を可視化できる、クラウド型のBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud」において、IoT対応をはじめとしたアップデートを本日4月25日に実施した。

「MotionBoard Cloud」は専門知識を必要とせずに、誰でも見たいと思う情報を可視化できるサービスだ。様々な環境上にあるデータを、多彩な表現力でデータをシンプルに可視化する。ユーザー視点を大切に、クラウドやモバイル環境で使いやすいサービスを提供している。クラウドサービスのため、気軽に始められることに加え、ソフトウェアを更新することなく新機能を利用できる。

今回のアップデートでは、ダッシュボードの開発生産性向上をはじめとした機能に加え、集計・分析された結果をレポートとして報告するための業務効率を画期的に高めるExcel、PowerPointへの出力する機能が新たに搭載された。

さらにBIツールとして従来の常識を覆すリアルタイムデータの可視化が実現。モノやセンターなどのIoTデータとシームレスにつなぐためのリアルタイム用APIを公開し、MQTTにも対応。また、気軽に車両情報などの導線把握を可能とするスマートフォン用のアプリ「IoT Agent」も提供。刻々と変化するビジネス状況を監視・予測するだけでなく、遠隔操作などで現場の状態を把握し、迅速に次へのアクションに変えることが可能だ。

なお、リアルタイムデータの可視化を実現する新機能は、「IoT Edition」として新たなラインナップで提供される。「IoT Edition」の利用料金は、月額 9万円(10ID、税別)から。

 

主な新機能

レポート(Excel、PowerPoint)出力機能

分析・可視化した結果を関係者へ報告・共有し、次の活動につなげるアクションを素早く実行する必要があるが、最新の「MotionBoard Cloud」ではレポート業務に最適なExcelやPowerPointへの出力が可能になった。一度フォーマットを設定しておけば、常に最新の情報をレポートに出力させることができるので、報告資料のグラフや集計表の作成に一切時間をかける必要がなくなる。

リアルタイム用APIを提供

リアルタイム用APIにより、様々な機器などから発生するデータをリアルタイムに受け取り、即座にデータを可視化できる。工場内各機器、または販売先に納品した設備のセンサーデータをリアルタイムに可視化し、モニタリングできる環境が構築できる。また、しきい値を設けたアラートにより、設備の予防保全や機器故障による設備停止等の防止に適用できる。

スマートフォンを利用して簡単IoT。「IoT Agent」を提供

新開発のスマートフォン用アプリ「IoT Agent」で、身近なスマートフォンをセンサーデバイスとして利用できる。「IoT Agent」から取得した位置情報を地図上にマッピングすると、例えばタクシードライバーの場合、ドライバーの走行状態を確認することで、新人ドライバーはベテランドライバーとの走行の違いを確認し、顧客を捕まえるポイントを知ることや、道順の学習に役立てることができる。

 

【関連リンク】
ウイングアーク1st(WingArc1st)
MotionBoard Cloud

Previous

富士重工業と日本IBM、高度運転支援システム分野での協業を開始

ソニー、電子タグMESHの体験会「MESHタッチ&トライ」を開催

Next