NEC、企業向け5Gサービス領域でAWSとクラウド・エッジ連携を強化

5Gネットワークは、DX加速の手法として社会や企業からの期待が高まっている。その中でも自営の5Gネットワークを構築する「ローカル5G」は制度整備が進み、企業や自治体による実証実験も多く行われており、社会実装に向けた動きが活発になっている。

日本電気株式会社(以下、NEC)は、製造や建設、交通など様々な業種の企業とローカル5Gを活用して社会課題の解決に向けた省人化や効率化を目指している。特に、現場の見える化を実現する映像解析技術や、省人化を実現するロボティクスが注目されているが、セキュリティや低遅延など企業によってニーズが異なり、クラウドや複数のエッジポイントでの分散処理と集中管理が求められていた。

このほどNECは、企業向け5Gサービスの強化に向けて、NECのアセットとアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のクラウドサービスやエッジサービスを組み合わせたオファリングメニューの開発を開始した。

同オファリングメニューの提供を通じて、企業が様々なアプリケーションをクラウド環境と現場にあるエッジ環境の最適な組み合わせで利用できるように支援していく。

エッジ環境での処理により、企業はデータを外部に出すことなくセキュリティを確保しながら、低遅延で処理結果を得ることができる。また、AWSのクラウドサービスおよびエッジサービスは共通的かつ統合的に利用できるため、クラウド・エッジ環境間の柔軟なリソース配置、アプリケーションのポータビリティの向上、各環境に対応したアプリケーションの開発期間短縮などのメリットを享受できるとともに、両環境の組み合わせでの利用によるコスト削減にも貢献する。

また、NEC玉川事業場の「ローカル5Gラボ」で、NECのローカル5Gおよび映像解析アプリケーションと、AWSのエッジサービスを組み合わせた共創環境の運用を開始した。今後はAWSのエッジサービスだけではなくクラウドサービスも組み合わせた連携も検討しており、同環境を活用した企業およびパートナーとの実証実験や共創により、ユースケースの拡張とオファリングメニューの開発を加速することで、企業向け5Gサービスのエコシステム形成を目指す。

なお、同取り組みは2021年9月8日に発表したNECと米国AWSの協業強化における5G領域の協業拡大に基づくものである。