凸版印刷、顧客IDの統合を実現するASP型ID統合プラットフォームサービスを提供開始

消費行動のデジタル化に伴い、デジタルマーケティングの重要性が高まっている。一方、多くの企業では、サービスやブランドごとにシステムを構築しているため、集めたデータを有効活用できておらず、顧客IDの統合管理が重要な課題となっている。しかしながら企業ごとの新たなシステムの個別開発は、構築までの時間と費用が大きく、導入への課題となっていた。

凸版印刷株式会社は、企業内でのサービスやブランドごとに分散管理された顧客データを統合、One ID化し、デジタルマーケティングを実現するASP型ID統合プラットフォームサービスを開発し、2021年9月中旬から流通・メーカー業界などに向けサービス提供を開始する。

同サービスは、ASP型のため導入が比較的容易で、企業は各サイトの特性を残したままOne ID化が実現できる。基本的な会員登録、ログイン機能、マイページ機能に加え、SNSアカウントサービスなどと連携した会員登録、ログインが可能となる。

また、シングルサインオンも可能なため、一度のログインで複数Webサービスの横断的利用が可能だ。認証仕様は「OpenIDConect」(※)を採用しており、接続するサービスサイト側の負荷を軽減しつつセキュリティを担保した連携が可能となる。

さらに、サービス利用規約の更新と再同意の取得が標準機能で実現可能なため法令対応のコスト削減につながるとともに、同プラットフォームは、凸版印刷が提供する「Cam!Labo」などのマーケティングツールと連携済みのため、短納期でのデジタルマーケティング基盤構築が可能とのこと。

同サービスを導入することで、データ上別人として扱われていたユーザーを、一人のユーザーとして認識するOne ID化ができるため、導入企業は保有するデータをより有効に活用することが可能になり、より高精度なデジタルマーケティングを実現する。

今後凸版印刷は同サービスを拡販し、2021年度に関連受注を含め1億円の売上を目指すとしている。

なお、同サービスの初期費用は400万円~(要件定義、データ移行作業は除く)で、利用料は月額40万円~(ID数による従量課金制)となっている。

※ OpenID Connect:認証に関する標準規格の一つ。OpenIDConnectを利用することで、各システムが個別で行っていた認証処理を、認証サーバー側(顧客ID統合プラットフォーム)で行い、各システムでは、認証結果を受け取り、自サイト内の会員ページの閲覧や、シングルサインオンが可能となる。