日清食品・住友化学など先進企業DXの要点と、中小企業のDX推進のヒントを知る ーUCHIDA ビジネスITフェア2021

来る、10月13日(水)~15日(金)「UCHIDA ビジネスITフェア2021」がオンライン配信で無料で開催される。(事前登録が必要)

「デジタル企業に向けた変革プロセスの実現~レガシー企業文化からの脱却~」をメインコンセプトに、ますます注目されているデジタル化をテーマにした講演、ICTの最新動向のソリューションを紹介する。

特にパネルディスカッションでは、素材産業におけるデジタル革新の取り組みステップについて「住友化学のDX戦略」を紹介する。

どのようにDXを進めるべきか悩んでいる企業注目のセッションだ。

イベント対象者は、経営層やIT戦略立案などの意思決定者からIT現場担当者までと幅広く、9種のセミナーと50種以上のソリューション紹介で、デジタル化に役立つヒントを紹介する。

プログラム

10/13 10:00-11:00 逆・タイムマシン経営論

一橋ビジネススクール教授
楠木 建 氏

「タイムマシン経営」という言葉がある。すでに「未来」を実現している国や地域に注目し、日本に持ってくるという発想だ。

「逆・タイムマシン経営論」はこの逆を行く。

「新聞・雑誌は寝かせて読め」。近過去に遡り、その時点でどのような情報がどのように受け止められ、それがどのような思考と行動を引き起こしたのかを吟味すれば、本質を見抜くセンスと大局観を獲得できる。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」による古くて新しい知的鍛錬の方法を提案する。

10/14 10:00-11:00 デジタル化へ突き進む日清食品の挑戦!

日清食品ホールディングス株式会社 CIO
成田 敏博 氏

経済産業省と東京証券取引所は6月7日、デジタル技術を前提としたビジネスモデルそのものの変革及び経営の変革に果敢にチャレンジし続けている企業20社を「DX注目企業」に選定しました。

昨年の「DX銘柄」に引き続きの選出となる、日清食品ホールディングスは、ここ5年ほどで急速にIT化を進めてきました。レガシーシステムの撤廃とクラウド化、コロナ禍におけるテレワーク環境や業務のデジタル化推進等、次々とデジタル変革に取り組んでいる事例をご紹介いただきます。

10/15 10:00-11:00 本気で考えませんか?低コストで始める工場のスマート化
~富士通エバンジェリストと巡る島根富士通バーチャル工場見学~

富士通株式会社 エバンジェリスト
武田 幸治
 氏

生産現場のスマート化により効果があがった実践例を交え、部分最適から始める現実的なスマートファクトリーのあり方をご紹介。

全てが自動ではなく、敢えてヒトが作業する工程を残しながら、スマートファクトリー化を進める富士通のPC生産拠点(島根富士通)とオンラインで繋ぎ、バーチャル工場見学にもご案内いたします。

10/15 13:30-14:30 住友化学のDX戦略~素材産業におけるデジタル革新の取り組みステップ~

住友化学株式会社 IT推進部 ITスペシャルアドバイザー 兼
SUMIKA DX ACCENT 株式会社 代表取締役社長
土佐 泰夫(とさ やすお)氏

株式会社アールジーン 代表取締役 IoTNEWS 代表
小泉 耕二

急速な環境変化を受けて「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に向けた取り組みが重要性を増している一方で、推進体制の整備や戦略策定の進め方について悩まれている企業様も多いのではないでしょうか?

本講演では「デジタル革新による生産性の飛躍的向上」を中期経営計画の一つに掲げられている住友化学様のDX戦略について、IT部門のお立場でどのように取り組んでこられたのか、今後の展望もふまえてご紹介いただきます。

他にも豪華登壇陣が事業のヒントを大公開

その他も、

「クラウドを活用したビジネス変革」
「せっかくならもっと便利に使いたい Microsoft 365 活用のコツ」
「中小企業のDX推進について〜課題を事例で解き明かす~」
「電子帳簿保存法 徹底解説!」
「デジタル社会を見据えた物流管理と見える化によるアプローチ」

など、デジタル化を検討する企業必見のセミナーとソリューションが目白押しだ。

セミナーは満席になりしだい締め切るということなので、早めに申し込みんでほしい。

イベント概要

日時 10/13(水)-15(金)
会場 オンライン
費用 無料
主催/運営 内田洋行