ソラコム、無人拠点や遠隔地で活用できるLTEルーター2機種の提供開始

株式会社ソラコムは、デバイス通販サイト「SORACOM IoTストア」において、LTEルーター「WN-CS300FR」(トップ画左)及び産業用LTEルーター「UD-LT1/EX」(トップ画右)の2機種を2021年9月21日より提供開始することを発表した。

LTEルーター「WN-CS300FR」はアンテナを内蔵しており、WiFi接続に対応しているため据え置きのWiFiルーターとしても利用することができる。

産業用LTE ルーター「UD-LT1/EX」は、LTEと固定回線による回線冗長化や、スケジュール・死活監視による本体・通信モジュールのリブート/リセットによる自動リカバリー機能があり、遠隔地や無人拠点でも利用することができる仕様だ。また、本体およびACアダプターを含めて-20℃~60℃の環境で動作することが可能。

今回発表されたデバイスと、SORACOMプラットフォームが提供するリモートアクセスサービス「SORACOM Gate」や「SORACOM Napter」を組み合わせることで、デバイスのリモートメンテナンスを行うことができる。

加えて、今回のデバイスを利用したIoT DIYレシピ「PLCを安全に遠隔メンテナンス」が本日より無料で公開される。工場などに設置されている産業機器を制御するPLCに、パソコンからリモートアクセスする手順を機材一式とともに解説される。