IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」、ゲートウェイ3社製品に対応

株式会社アイ・エス・ビーは、2015年7月1日に、株式会社アイ・エス・ビーのクラウドサービスであるIoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」を、ゲートウェイ3社 株式会社アイ・オー・データ機器、オプション・ワイヤレス・ジャパン株式会社、サン電子株式会社の製品で使用できるように対応を実施した。

IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」
http://m2m.isb.co.jp/datasamplr/

 

各社のゲートウェイに組み込まれたWi-SUNコーディネータ機能及び「dataSamplr」接続インターフェースを介し、情報を 「dataSamplr」へ送信、ブラウザでリアルタイムにその情報を閲覧できるようシステムを構築した。

今回は、消費電力量測定センサ(Echonet Liteフォーマット)、GPS搭載3軸加速度センサ、温湿度+明るさセンサの3つのセンサの計測情報を収集し、対応できるようにした。

Wi-SUN規格は、低消費電力、長距離通信(見通し500m程度)、障害物に対する回折性に優れ、また、メッシュネットワークの構築が可能。そのため、電池駆動センサにより広範囲なエリアをワイヤレスでカバーすることが可能であり、様々な分野での活用が期待されている。

 

▼対応機器(アイウエオ順)

株式会社アイ・オー・データ機器
住宅サービス用ホームゲートウェイ「UDON」
http://www.iodata.jp/

IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」、ゲートウェイ3社製品に対応

 

オプション・ワイヤレス・ジャパン株式会社
3G通信ゲートウェイ「CloudGate」
http://option-wireless.jp/index.html

IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」、ゲートウェイ3社製品に対応

 

サン電子株式会社
超小型M2Mリナックスゲートウェイ「Rooster GX」
http://www.sun-denshi.co.jp/sc/

IoT/M2Mプラットフォーム「dataSamplr」、ゲートウェイ3社製品に対応

※記載された内容は2015年6月時点のもの。

 

【会社概要】

社名 : 株式会社アイ・エス・ビー(東証一部上場 9702)
所在地: 東京都品川区大崎5-1-11
代表 : 代表取締役社長 若尾 逸雄
設立 : 1970年(昭和45年)6月
資本金: 17億752万円
URL  : http://m2m.isb.co.jp/

Previous

ドコモ・ヘルスケア、スマホ向け月額制ヘルスケアサービスが人気

ソニー、高解像度と高感度の両立を実現した 広範囲の監視に最適な4K対応ネットワークカメラを発売

Next