LiLzと富士電機、「まるごとスマート保安サービス」と「LiLz Gauge」をAPI連携

LiLz株式会社と富士電機株式会社がパートナー契約を締結し、富士電機が提供する「まるごとスマート保安サービス」とLiLzが提供するクラウドサービス「LiLz Gauge」がAPI連携することを発表した。

まるごとスマート保安サービスは、石油・化学や電力・ガス等の産業・エネルギー関連インフラ向けの保全業務の高度化・スマート化を支援するプラットフォームサービスである。運転管理や保全管理だけでなく、BIによる分析やAIによる予兆検知までワンストップで保全業務を支援する。
LiLzと富士電機、「まるごとスマート保安サービス」と「LiLz Gauge」をAPI連携
一方のLiLz Gaugeは、アナログメーター等の目視巡回点検をリモート化するクラウドサービスである。1日3回撮影で約3年間と長期稼働する低消費電力IoTカメラとクラウド側の機械学習・画像解析によってアナログ計器の値を自動で読み取るため、現場に行くことなく点検対象の情報を効率的に取得する。カメラを設置した当日から目視点検の省力化をスタートできる。

今回、電源の無い場所でもアナログメーターのデジタル化が可能なLiLz Gaugeを採用し、API連携することでワンストップで保全業務を支援できるようになるとともに、富士電機はLiLz Gaugeの再販が可能となる。これにより、石油・化学や電力・ガス等の産業・エネルギー関連インフラにおけるスマート保安化を支援する。LiLzと富士電機、「まるごとスマート保安サービス」と「LiLz Gauge」をAPI連携