Adansons、IoTセンサーのデータからAIモデルを作成・運用するツール「Adansons.ai」β版の募集を開始

センサーデータのような複雑なデータから精度も安全性も保証できるAIを作るのは、とても困難である。また、抽象的なデータであるため、プロジェクトチームのエンジニアと事業担当者間の意思疎通も妨げ、プロジェクトの失敗リスクを上げるおそれがある。

株式会社Adansonsは、ドメイン知識から作られた仮説をAIに教えることで、複雑なデータからでもホワイトボックスなAIモデルを少データから開発し、AIのパフォーマンスを監視しながら運用ができるツール「Adansons.ai(β版)」をリリースした。

Adansons.aiは、Adansonsのエンジニアによりビジネス要件および観測現象の仮説をAIモデル開発に落とし込むことができ、事業担当者は仮説とAIの結果の結びつきを理解できるため、適切な事業判断および顧客・関係者とのコミュニケーションを取ることができるという。主に以下の4つの特長がある。

  • データドリブンでAI開発の方針書を設計
  • Adansons、IoTセンサーのデータからAIモデルを作成・運用するツール「Adansons.ai」β版の募集を開始

  • 要件定義の意図をAIに反映し開発
  • Adansons、IoTセンサーのデータからAIモデルを作成・運用するツール「Adansons.ai」β版の募集を開始

    Adansons、IoTセンサーのデータからAIモデルを作成・運用するツール「Adansons.ai」β版の募集を開始

  • シームレスな導入&モニタリングしながら運用
  • Adansons、IoTセンサーのデータからAIモデルを作成・運用するツール「Adansons.ai」β版の募集を開始

  • Adansonsの専門家が一貫サポート
  • Adansons、IoTセンサーのデータからAIモデルを作成・運用するツール「Adansons.ai」β版の募集を開始