電脳交通、全国自治体・公共団体向けに各地域の実情に応じた交通サービスを実現する地域交通ソリューション事業を開始

国内における地方の公共交通は撤退や縮小、交通空白地帯の拡大が進んでいる。こうした背景により国内では交通課題の解決に向けたデマンド交通の取り組みや観光・地域振興へのMaaS(Mobility as a Service)の取り組みが活発になっている。

株式会社電脳交通は、全国各地で進めていた地域交通に関する実証実験から得た知見と、タクシー配車システム「電脳交通」の機能を組み合わせ、デマンド交通や乗合サービスなど既存公共交通を補完する交通インフラ・交通事業者との連携で地域活性化を実現する「地域交通ソリューション事業」を開始した。

同事業では、例えば、運行コストを押さえて導入・継続できるシステムや、タクシーなど他の交通サービスとの同時運行管理、複数の交通事業者を束ねた統合配車を可能にするソリューションの提供に向けて取り組むほか、交通空白地域での共助型輸送サービスの検討・システム活用や、グリーンスローモビリティなど新しい交通サービスの運行管理・業務負担の軽減などにも取り組むとしている。
電脳交通、全国自治体・公共団体向けに各地域の実情に応じた交通サービスを実現する地域交通ソリューション事業を開始

電脳交通、全国自治体・公共団体向けに各地域の実情に応じた交通サービスを実現する地域交通ソリューション事業を開始