岩間工業所・ベッコフオートメーション・connectome.design、新開発モデリングマシン「MM120」を発表

工作機械は高機能化が進む一方で、工作機械の状態を知るためのセンサー信号や制御情報を自在に入手するのが難しいのが現状だ。

そうした中、株式会社岩間工業所、ベッコフオートメーション株式会社、connectome.design株式会社は、研究・試験用途に最適な工作機械である新開発のモデリングマシン「MM120」を発表した。

「MM120」は、オープンなCNCであるベッコフオートメーション製のPCコントローラーを採用することで、高速高精度なデータ取得と自作制御処理の組み込みが可能だ。

本体寸法は650mmx780mm(突起部/操作盤除く)と小型で、ATC(自動工具交換)を完備。最高主軸回転数60,000rpmでの3次元形状の切削加工を実現している。

また、「オペレータを認識する顔認証システム」「LINEやSlackと連携したIoT監視システム」「IoTプラットフォームOrizuruとの接続」といったIoTやセキュリティ技術を工作機械に導入している。