横河電機とNTT Com、製造業界のDXを支援する「共同利用型OTクラウドサービス」の共同開発を開始

近年製造業界では、資源価格の高騰や需給の変動、高い品質要求への対応を重視した製造のみに留まらず、脱炭素社会に貢献する製品の製造など、多様化する事業環境の変化にいかに即応できるかが課題となっている。

しかし、製造設備やそれを制御するシステムは、操業を止めないことを最優先に、可用性や堅牢性を重視してオンプレミスの環境に構築されており、即時的なシステム変更などの対応が困難な状態である。これらの課題に対応していくため、高い柔軟性を実現するシステム構成が求められている。

横河電機株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、生産制御システム(※1)・製造実行システム(※2)のクラウドサービス化と、その発展型の「共同利用型OTクラウドサービス」の共同開発、および提供に関する業務提携を締結した。

生産制御システム・製造実行システムのクラウドサービス化においては、特定のOT(Operational Technology)(※3)領域のシステムを、企業のデータ利活用に必要な機能やセキュアな環境などをワンストップで提供するNTT Comの「Smart Data Platform」上に構築することで、システムの更改や機能拡充、制御内容の変更などに柔軟に対応できるようになる。

また、両社は前述した生産制御システム、製造実行システムのクラウドサービスに、OT-ITオーケストレーション機能を加えることで、各利用企業の生産制御システム・製造実行システム間の連携を実現する共同利用型OTクラウドサービスの開発および提供に取り組む。迅速なシステム更改や機能拡充をオンデマンドに実現するだけでなく、利用者間のデータを相互に活用し、製造業界におけるサプライチェーン全体の最適化を実現するという。

例えば、社会の脱炭素要求の高まりに対して、事業者自らの二酸化炭素(CO2)排出だけでなく、サプライチェーン全体から発生するCO2排出量を抑える製法を特定できるようにするなど、データ分析を軸とした最適化を実現する。
横河電機とNTT Com、製造業界のDXを支援する「共同利用型OTクラウドサービス」の共同開発を開始
同開発において、横河電機はOT領域における制御や製造管理に関する知見を活用した共同利用型OTクラウドサービスを提供するためのシステム開発を担い、NTT Comは、IT領域におけるセキュリティやクラウドに関する知見を活用した共同利用型OTクラウドサービスを提供するためのプラットフォーム開発を行う。

今後両社は、生産制御システム・製造実行システムのクラウドサービス化に関する実証実験を2022年2月に開始し、2022年度中のサービス開始を目指します。その発展型の「共同利用型OTクラウドサービス」については、2022年度中に共同実験に着手し、2024年度中のサービス提供を目指します。

※1 生産制御システム:プラントの制御や運転の監視を行うシステム。
※2 製造実行システム:製造工程の管理や運転員の支援を行うシステム。
※3 OT:工場などで利用されている運用・制御技術の総称。