NTT Com、事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、新たな事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」(以下 OPEN HUB)を、2021年10月20日より開始する。

OPEN HUBでは、事業共創を促進するため、交流が行えるコミュニティー「OPEN HUB Base」の提供や、オウンドメディア「OPEN HUB Journal」によるビジネストレンド・先進事例の紹介を行う。また、2022年2月には、イノベーションを創出するワークプレイスの設立を行う。

OPEN HUBの事業主体は、顧客やパートナーといった「プレーヤー」と、NTT Comの社員及び社外の専門家である「カタリスト」から構成される。社内外が一体となり、事業コンセプト創出のためのオリジナルプログラムを実践しながら共創していく。

NTT Com、事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」を開始
組織や分野を越えた共創を目指している。

そしてOPEN HUBで創出されたビジネスコンセプトに対して、NTTが持つ5GやIWONといった技術や知見と、顧客やパートナー企業の事業を通じて蓄積したデータや事業ノウハウを掛け合わせ、実証実験やユーザーテストを繰り返し、社会実装を推進していく。

NTT Com、事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」を開始
技術や知見を掛け合わせることによって社会実装を目指す。

また、リアルとバーチャルにおける共創コミュニティー「OPEN HUB Base」を利用することができ、「OPEN HUB Journal」にて案内されるイベントを通し、交流できる場の提供を行う。加えて5GやIOWNといった、ICTインフラを活用しながら実証実験などを行うことが可能だ。

NTT Com、事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」を開始
リアルのワークプレイスやイノベーション拠点と、バーチャルでの体験やメディアを活用して共創を進めていく。